人気ブログランキング |
タグ:小出裕章 ( 5 ) タグの人気記事

2011年 09月 08日
3.11 と 9.11  世界は変わったのか?  9月8日 2011年
3.11と9.11。この二つの日付は偶然ですがちょうど半年の隔たりがあります。9.11はテロという人災、3.11は地震という天災という両極的な見方をとるつもりはありません。9.11のテロについては、あまりに疑問が多いまま、アメリカによって首謀者とされた人物がアメリカによるテロで殺され、ますます事実の解明は遠ざけられました。3.11については、日本政府の必死のごまかしにもかかわらず、多くの国民は程度の差はあれ人災と捉え,ヨーロッパのメディアは事故当初からその側面を日本のメディアよりも正確に報道しているようです。

9.11のあとすぐにブッシュ大統領は「これからはテロとの戦争だ」と宣言しました。「すべての国はテロと闘うか、テロの側につくか・・・」という二者択一を迫り、慎重な国連を無視し有志連合という形でアフガン戦争を開始しました。アフガン作戦は9.11の4~5ヶ月前から準備していたことが明らかになっています。当時もアメリカでは「パラダイム・シフト」が叫ばれていました。犯行の真相がなんであれ、世界が変わったのではなく、アメリカ・ブッシュ政権は世界を変えようとしたのでしょう。

「テロと闘う側かテロの側か」という踏み絵は、リトマス試験紙の役割をはたしています。周囲の国々を「参加かアルカイダか」と色分けし、「忠誠度」を試すものでした。しかし、アフガンに続いてアルカイダとは無関係のイラクを対テロ戦争の標的にした事で、産油国支配の分け前に与るかどうかの色分けという面も出てきます。

ブッシュ個人を見ると、その頭の中は湾岸戦争でイラク本土侵攻とフセイン打倒が出来なかったパパ・ブッシュに対し、出来が悪いと言われてきた息子がいいところを見せたいという、ひどく単純な意識がありそうです。世界は突然変わるのではなく、この場合は世界を変えたいと思う力があって変化し、決して唐突で不連続な転換ではないという事でしょう。

3.11でも「パラダイム・シフト」を言った人たちがいます。この言葉の正確な哲学的意味は、私にはよくわかりませんが、例えば「コペルニクス的転回」と同じような意味と考えていいのでしょうか。コペルニクスやガリレオはヨーロッパ人にとっては重要な意味を持っているのでしょう。キリスト教会に支配されていたヨーロッパの学問以外に、世界中の多くの地域に発達していた異なる学問や、地球上を広く移動していた人々の認識の遠い過去からの積み重ねの存在を考えると、地動説がパラダイム・シフトであると叫ぶことがひどく恥ずかしいことのように感じます。

3.11を契機に、突然世界中の人々の上に放射能が降り始めたのではないし、原子力発電の危険性が突然認識されたのでもない。大気圏内で行われた2000回以上の核実験の影響で私たちは癌の恐怖に今もさらされていますし、チェルノブイリ事故以後その影響で多くの人々が死に今も病気に苦しんでいます。巨大隕石が突然地球に衝突でもしない限り、世界は不連続的に変わる事などないでしょう。もっとも6,500万年前に隕石が衝突したとされた後、長い地球の歴史の中では一瞬のように見えても、人間の歴史に較べるとかなり長い年月をかけて地球上の生物の変化が起きたと思われます。隕石の衝突によってほ乳類が誕生したのではなく、その前から存在していたほ乳類が環境の変化に適応しながら次第の増えていったのでしょう。そういえば、「原発事故の可能性は隕石が衝突する可能性と同じ程度」と言っていた人たちが大勢いました。

話がそれましたが、小出裕章さんがしきりに「世界は変わってしまった」という背景には、長年こうなる事を予想し、警告し、この自体が起きないよう運動し続けてきたにもかかわらず、止められなかったという悲しみがあるのでしょう。

by maystorm-j | 2011-09-08 07:03 | 社会
2011年 05月 27日
福島第一原発の現状・・・錯綜する情報・判断・行動  5月27日 2011年
昨日夕方、ラジオから聞き慣れた声が流れていました。NHK 第一「夕方ニュース」に小出裕章さんが電話で話していました。インターネットや活字媒体を中心に、情報を受け取っている私にとっては、なんの違和感もなかったのですが、考えてみれば反原発側の論客はほとんどマスメディアに取り上げられてこなかった歴史があります。テレビではどうなのでしょうか? 持っていないのでわかりませんが、民放では、あまり視聴率の高くない時間帯で取り上げられていたと思います。5月24日の記事「5/23参議院行政監視委員会に4名の参考人/その意見と質疑」に紹介しましたが、国会に呼ばれたことの副次的効果かもしれません。

このところ東電や政府から原発の状態やデータ、地震発生以後の経過に関して様々な新しい発表とこれまでの報告の訂正が出ています。政府・東電の発表を鵜呑みにして、事故を過小評価してきたマスメディアの解説に対し、視聴者側からの抗議が高まっていることも考えられます。IAEA の事故調査、首相のG8 出席、事故調査委員会立ち上げにむけて等、外から追及される前に、隠してきた事を整理しておきたいという判断もあるのでしょうか。「海水注入」をめぐるドタバタにいたっては、現場と東電本社・官邸との連絡や調整が出来ていないのか、対策の記録がまるでないのか、あるいは耳目をそこに集中させて他の重要な問題を隠したいのか。馬鹿げたやり取りと並行して、福島では汚染の中で対策がとられないまま、子ども達は学校で被ばくを強要され続けています。

23日国会の参考人意見発表は時間も短く、東電の新しい報告や訂正から間がなかったこと、行政監視委員会ということで原発に対する議員の側の理解も怪しかったなどのことから、小出さんのその後の見解を聞いてみたいと思います。以前にも紹介しましたが、「小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ」http://hiroakikoide.wordpress.com/というサイトがあります。通常、このブログには誰が(どの団体が)書いているのかわからないサイトは直接のリンクは避けて、内容が重要と思われる場合もその内容に限定して紹介しています。上記のサイトは誰がまとまているのかわかりませんが、内容はすべて小出さんが直接書いたり語った事ですので、そのままリンクして紹介しています。ひじょうに便利でありがたいサイトで毎日見ています。

昨日26日には、「5月26日 ものを言う気がなくなった 小出裕章 (MBS)」というちょっとショッキングな表題で、ラジオ毎日(MBS) の電話インタビューが紹介されています。この録音を聞く前に、「5月25日 循環冷却の効果に疑問 小出裕章 (MBS)」を先に聞いていただく、つながりがいいと思います。特に録音を書き起こした文章は、5月25日の方から読んで下さい

一号炉については、東電から水位計の数値が訂正され、圧力容器内には水がなく、核燃料メルトダウンと格納容器の穴の存在が発表されました。しかし、それでは燃料がどこにどのような状態で残っているのか、いまだ推測の域をでません。まだこれから、圧力容器や格納容器の底に溜まっている水に融けた燃料が落ちる事があれば、水蒸気爆発の可能性があるのでしょうが、小出さんの推測ではすでに格納容器の底を融かして、下のコンクリートに達している可能性が指摘されています。その場合は、さらに下で、地下水に触れるようになるという方向に進むのでしょうが、地下水の汚染は起きても、水蒸気爆発の可能性は少なくなったという話です。

あるいは、格納容器から下に抜け落ちて爆発の可能性が減った事で、東電・政府は安心して(ぬけぬけと)訂正発表をしたのかもしれません。とすれば逆に2・3号炉はまだ爆発の可能性があるから、状態を隠しているという事も考えられます。1号炉から空中に大量の放射能が放出される可能性が減った代わりに、海の汚染は今後きびしくなることと、核燃料を冷却して沈静化するという作業はさらに困難になったと言う事でしょう。

原発の作業現場への報道管制が続いています。現場取材や作業員へのインタビューはできず、陣頭指揮にあたっている吉田所長から直接の説明はありません。何重かのフィルターにかけられた情報が公開されるわけですが、それにしては東電・保安院(経産省)・安全委員会(文科省)・官邸などの発表が食い違います。今回問題になっている海水注入については、官邸・保安院・東電本社の言い分が錯綜したあげく、首相がG8 に出かけていタイミングで、吉田所長が自分の判断で注入を中断しなかった事が発表されました。国民を代表するべき国会でさんざん論争になった後から、「実は・・」というところに現場(あるいは本社)の独善性を感じます。タンカーの使用に限らず、これまで様々な状況解釈や提案が外部から出ていて、後になるとその中に多くの有意義な指摘が含まれていたことに気付きます。現場・東電本社・保安院・安全委員会・官邸のそれぞれの間で情報共有と議論が徹底されておらず、それぞれが都合の良い情報を取り上げ、独善的に判断・行動していたと思われます。

追記
海水注入を中断しなかったという報道では、その根拠が吉田所長の記憶をもとにした証言であり、文書の記録や計測値による裏付けはないようです。何が事実なのか、注入開始に関する現場からのFAX以外には文書での裏付けはないという事です。事故調査に関しては、政府ではなく国会主導で行われる事が望まれます。

追記2 「文科省大臣会見」 福島県 学校等で年間1ミリシーベルトをめざす
本日27日、文科省大臣記者会見で、福島県内の学校等の全てに積算線量計を配布し、年間1ミリシーベルトをめざす、という内容の見解が発表されました。文科省のホームページにはまだアップされていませんので、IWJ ( Web Iwakami ) のサイトの2011/05/27 文部科学省大臣会見」映像配布資料をご覧下さい。

by maystorm-j | 2011-05-27 05:57 | 社会
2011年 05月 15日
新しいメディアの可能性 その2  5月15日 2011年
4月21日に「新しいメディアの可能性」http://maystormj.exblog.jp/13429489/という記事を書きました。電力会社から多額の広告費をもらっている既存のマスメディアの原発問題に関する報道姿勢への疑問や批判が、その後も新しいメディアの発信側・受信側双方から続いています。統合記者会見におけるNHK 石川記者の鋭い追及を例外的な事として紹介しましたが、テレビを見ない私には記者の追及が放送に反映されているのかどうか、わかりません。ラジオでは、始めの頃のような、政府見解の垂れ流しや御用学者の追随解説は減っているように感じますが、あるいは原発が「悪い状態」で安定していることから、一般の興味がうすれて、報道そのものが減っているのかもしれません。

あるラジオ番組の放送中のスタジオ映像が、放送局自身から動画配信されていますので、紹介します。通常、著作権の問題などから、動画をそのままこのブログの貼付けることにためらいがあるのですが、番組制作者自身が音声放送の他に、動画を一般に公開しているスタンスから、問題ないかなと思います。内容としては格別新しいというわけではありませんが、原発問題をメディアの姿勢という観点からまとめて上杉隆さんが語っています。


マスメディアの記者の中にも、いい仕事をしている人がたくさんいると言われています。自分の社の放送や新聞以外のところで、アレッと思うほどの文章を書いているのに出会うことがよくあります。記者が実名で他のメディアに書けるという事は、社内にそれを許す土壌があるのか、あるいはスポンサーに気兼ねしてまともなことが言えない事に、報道現場の上部までが苦々しく思っているのかもしれません。経験を積んだまともな記者は現場を飛び回っていて、だらだら無内容に続く東電や保安院の記者会見に出ている時間がないのかもしれません。記者会見に来ているマスメディアの記者は、だいたいが子どものような感じで、基礎的な勉強や下調べをしてきていないことが丸見え、会見発表に疑義をはさむのではなく、学校の先生にわからない事を質問しているという状態です。

大阪で、マスメディアが小出裕章さんをよんで開いた講演会を紹介します。本来の放送で出来ないことに対する悔しさが感じられるものです。
原発「安全神話」溶融http://live.nicovideo.jp/watch/lv49374520

by maystorm-j | 2011-05-15 10:19 | 社会
2011年 03月 27日
「専門家の解説」とは・・・?  3月27日 2011年
テレビ持っていないので、詳しい事はわかりませんが、あいかわらず「安全です」「健康に影響はありません」と繰り返している学者が登場しているようです。原発の中心で進行していることについても、何かあるたびに楽観的予想をくりかえしてきた「専門家」と呼ばれる人たちを、テレビをお持ちの人はとっくにご存知でしょう。その一方で、たとえば原子力資料情報室の会見を見ると、そんなに楽観してはいられません。

もちろん、どちらの解説が正しいのか、いまは判定できる時期ではないかもしれません。論理的な組み立てがしっかりしているかどうかと同時に、現在進行形の事象では、新しく起きてきた現象との整合性がもとめられます。この2週間、次々と起きる現象が、楽観的解説をそのたびにくつがえしています。残念ながら、原発の危険性をこれまで警告してきた科学者・技術者の捉え方の方に整合性があると思われます。

3月23日に紹介しました京都大学の小出裕章さんを含む京都大学原子炉研究所のメンバーを特集した '08 年の番組「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜」が、ブーゲンビリアのきちきち日記に取り上げられていました。テレビを見ないと言いながら、テレビ番組の紹介もないもんだ、という気もしますが、今はそんな事を言っている時ではないので、古い番組ですがご覧いただければと思います。1時間近いものです。政府によって強力に進められている事業に警告を発する人を「異端」とする大学と、それを許してきた私たちの社会の方がどこかおかしい・・・と思いませんか?

by maystorm-j | 2011-03-27 13:19 | 社会
2011年 03月 23日
福島第一原発3号炉について:小出裕章さんのお話  3月23日 2011年
FM797 京都三条ラジオカフェ放送の「東日本大震災支援特別番組 福島原発災害2011年3月22日の現状について」がUSTREAM で見られます。京都大学原子炉実験所 助教 小出裕章さんに パーソナリティ:下村委津子さん(NPO法人環境市民)が電話でインタビューした内容は、福島原発3号炉の今の状態を解りやすく解説しています。



映像のなかで話にでました海外で行われている放射能飛散の予測については、例えば [ http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conc_I-131_0_;region=Japan ] や [ http://www.francemedianews.com/ext/http://www.irsn.fr/FR/popup/Pages/irsn-meteo-france_19mars.aspx ] のようなシミュレーションが日本でも気象庁で行われているはずだ、という事でしょう。

by maystorm-j | 2011-03-23 05:26 | 社会