人気ブログランキング |
タグ:信州宮本塾 ( 28 ) タグの人気記事

2016年 10月 01日
10月16日(日) 信州宮本塾学習会 「アベノミクス批判の向こう側に、どんな経済社会を構想するのか~ベーシックインカム論を題材に」

これまで13回にわたって書いてきました「アベノミクスに人はなぜ騙されるのか/経済の土俵で闘う事が必要」を、他2名からの話題提供とともに討論のたたき台として、信州宮本塾において学習会を開催します。


10月16日 日曜日 午後 6時半~8時45分ぐらいまで 

佐久平交流センター 第一会議室 (佐久平駅徒歩2分)  参加費 ¥500

テーマ  「アベノミクス批判の向こう側に、どんな経済社会を構想するのか~ベーシックインカム論を題材に」   話題提供 寺山、田中、井上


充実した議論展開となるよう、あらかじめ私からの問題提起をまとめてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「アベノミクスに人はなぜ騙されるのか/経済の土俵で闘う事が必要」というテーマで、私は自分のブログ(http://maystormj.exblog.jp/) に7月23日から連載してきました。(9/24現在13回まで)


安倍政治の具体的な個々の問題に対して、世論は反対の傾向を示しながらも、選挙の度に安倍政権が勝つ事の原因を、反対勢力が充分にオルタナティブを示せていないという点から考えました。特に、経済の土俵において、広い意味でのアベノミクス=新自由主義経済側は生産から分配までの一貫した流れを呈示し、その中で競争の勝者になる事を呼びかけています。一方、反対する側は分配の不平等を指摘する事に集中し、日本の経済が停滞する中でどのような生産をすれば良いのか、どのように働き、暮らしたら良いのかを示せていません。限定された局面での具体的な生産の試みはいろいろ見られますが、経済全体を見渡すような主張にはまとまっていません。象徴的な表現では鳩山政権が提唱した「コンクリートから人へ」というのがあります。道路も空港も港もはたしてこれ以上の利用は期待できるのか、地方の大規模工業団地は工場の海外移転で機能低下。使用需要の無いインフラ投資は、消費を無視した生産が暴走する経済でしょう。にもかかわらず、アベノミクスはヘリコプターマネー、財政投融資へと進む勢いです。


これまでに宮本塾で財政についてお話を何度かうかがう機会がありました。その後、経済についての学習を続けたいと思いながら、なかなかかなわず今日に至っています。基本的な理解が不十分なままですので、足下の仕事と暮らしを見る「虫の目」に較べて、地域・国・世界の経済を大きく捉える「鳥の目」が弱い事を痛感しています。例えば、国は1,000兆円の借金を抱えている問題も、この先財政の破綻があるのか。おもに国際金融を分析する側と国家財政を分析する側では、180度異なる議論が見られます。「狐の葉っぱ」がどんどんばらまかれて、いつの間にか借金は減っているようなお話も聞かれます。政府に金を貸しているのが国民の側と考えると、国民の財産がいつの間にか葉っぱにすり替わっていくのでしょうか。私には解らないことだらけです。


アベノミクス・新自由主義経済は、生産側が主導する経済と考えますが、いつからそうなったのでしょうか。経済の仕組みは以前、需要が供給を産む、消費の動向に合わせて生産されると考えていました。そのベクトルがあるから消費者運動が存在し、消費者を害する生産者に対して不買運動がありました。いつの間に生産と消費の関係が逆転したのでしょうか。テレビの広告で絶え間なく刷り込まれる意識操作によってでしょうか。低価格の画一的量産品が溢れたためでしょうか。格差が深刻になる以前にそれは起きたと思います。消費が生産を主導する経済へとまずは発想から転換したらいかがでしょうか。それがもともとの姿であるなら、決して無理な転換ではないと考えます。食物連鎖の上位にいる人間は本来消費者であるという事を出発点に考えても良いのではないでしょうか。生産側の都合でものを買わされることから、消費者の都合で生産させる仕組みへの回帰です。


コストダウン、低価格量産量販は商品の差別化をというかけ声とはうらはらに、生産者・消費者双方を画一化させているように思います。もともと消費者の暮らしと意識は多様で個性的ですので、必要とするものも多様です。消費が生産を主導するなら、生産もまた多様で個性的になる可能性があります。しかし現状では、消費者の購買力は低下するばかり。可処分所得は減少し、消費に対する予算制約の縛りはどんどんきつくなっています。福祉のあり方も、今後全人口の1/3~1/2を占める経済弱者、障がい者、高齢者を、多様で個性的な自律した消費者として扱いません。ベーシックインカムがその予算制約に余裕を持たせて、多様で個性的な消費者の復権から、多様で個性的かつ高利潤の生産へとつながらないものかと考えました。


以前、宮本塾で生業についての学習会を2度行いました。木工家のケースでは、生産側に経済的な余裕がないために制作に専念できず、アルバイトに時間を取られていること。力量があるにもかかわらず納得がいく制作が出来ない。野菜農家では、高品質な生産のためには低賃金の労働力と中間マージンの少ない流通が必要な事など、生産者側でも所得の制約が高品質な生産へのハードルになっている事が見られました。生産側にとっても多様で個性的な生産にベーシックインカムは貢献するのではないでしょうか。安い労働力と部品生産を求めて動く大企業に対して、中小零細企業の復権につながるかもしれません。


多様で個性的な消費者が経済の主役となるならば、複数のアイデンティテーが許容されて差別が減少する社会、競争原理による生命の価値の格差=社会的ダーウィニズムからの脱却につながる事も考えられます。逆に、アイデンティティーの純化、生命の格差意識がアベノミクス・新自由主義経済を産み出しているとも言えるでしょう。


以上のような仮説を、仕事や暮らしの様々な視点から考えて書き連ねてきました。消費の復権からミドルクラスの再生と格差・差別の解消をという希望が背景にあります。ベーシックインカムの原理的理解や技術的可能性については何も述べていません。井上さん田中さんに期待するところです。一方向からのみの雑駁な論述で、本来は自分で裏返して検証すべきところ、学習会の叩き台とする問題提起という事でご容赦下さい。多くの批判と議論があるでしょうし、他のお二人の担当者の発表にも出来るだけ時間をとりたいと思いますので、私のブログは事前にざっと目をとおしていただければと思います。ブログという媒体の性質上、新しい記事が一番上に記載されますので、7月23日の「アベ・・・・その1」から順番にさかのぼってご覧ください。参加予定の方でインターネットが出来ない場合は、1週間前までにご住所をお知らせいただければ、プリントして郵送いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私からはこんな流れで問題提起としたいと思います。話題があちこちの飛び、解りにくい文章で申し訳ありません。塾会員以外の参加も歓迎します。



by maystorm-j | 2016-10-01 06:19 | 社会
2016年 02月 13日
昨年末に感じた、二つの予感は今・・・
d0164519_06330093.jpg広い駐車場では片隅に大きな雪の山が築かれていますが、昨日から気温が上昇し、今朝もかろうじてプラスの気温。軒下の大きなツララが落ち、さらに屋根の雪も雪崩れています。大雪から3週間ほど経っていますので、屋根の雪の下半分は氷になっています。軒下に車を止めておくと・・・足許注意!頭上注意!です。

昨年の暮れですが、宮本塾の懇親会で回りにいた何人かの会員に、二つのことをお話しました。一つは、SEALDsの運動と共産党志位委員長提言は一般の国民に受け入れられないのではないかという問題。この点についてはその後、このブログに安保法制反対運動を検証する記事を2本書きました。

もう1点は、どういう形になるのか私には判らないが、経済の大きな崩壊が起きる予感についてです。私は経済学の原理をきちんと学んだことがありませんし、現状の分析をする力もありません。少しばかり学んだ生態学、生き物の行動を見て来た感覚から、直感的に現在の世界、日本の現状に対して、何か大きな破綻の予感を感じていたにすぎません。

その予感は、仕事の上でも強く感じました。昨年の冬から夏頃まで、デパートの展示会場で感じた明るい空気が、秋以降すっかり縮こまってしまった感じを受けました。デパートの通路を歩く人々の数、表情、売り場での対話に冷え込みを実感しています。デパートの来客はバーゲン期間、ボーナスやカード決済日、クリスマスなどの季節的イベントによって大きく変動しますが、店員さんの表情や応対を見ていると、そのような短期の変動ではなく、中期的に落ち込んでいる感じが判ります。1週間の展示会は、社会の定点観測の場でもあります。

ふだんの田舎住まいと違い、都会の電車やデパートでは女性のファッションにも目がいきます。この冬の印象は、とても渋い感じ。目立ったのは、薄茶色、灰褐色と言う方がぴったりの長めのキルティング・コート。ダウンコートでしょうか。Aラインと言うのかもしれませんが、ウェストは絞り気味で裾はいくらか広がっています。この色の大きいコートには、派手な色柄の服は似合わないようで、ボトムはほとんど黒一色です。ひじょうに没個性的で、後ろ姿ではみんな同じに見えてしまいます。老眼の年輩男性は、自分の奥さんと間違えて他の女性についていってしまいそうです。「保護色」、目立ちたくはありませんというメッセージ、灰褐色の空気を漂わせています。

昨年の今頃は、安倍の政治に対して、経済政策を中心に反対していたと思いますが、その後の一年間は安保法制反対一色になりました。その間に、アベノミクスは破綻が確実に進んでいたにもかかわらず、経済に対する意識が薄れていたように思います。今ここに来て、破綻・崩壊の焦点が定まり、実像が見えて来たようです。大きな組織や政党に属さず、一人で考え行動する習慣が身に付いていますので、失敗の検証や悪い予感には敏感ですが、その反面、運動としても個人としても、どう対応したらよいのかとなると、方針が定まりません。語り合えるたまり場が欲しいと思いますが、どこへ行っても意識のズレを感じています。





by maystorm-j | 2016-02-13 06:42 | 社会
2015年 11月 08日
福音館書店をご存知ですか?

d0164519_06092729.jpg

40年以上前、子育てが始まった頃から10年あまりの間、福音館書店から毎月送られてくる「母の友」と軽くて丈夫なペーパーバックの数々の童話を読んでいました。子供が童話を必要としなくなった後も、しばらく「母の友」は読み続けていました。最近、再び「母の友」といくつか子供向け月刊誌を定期購読し、急いで読んでから孫達に送っています。

http://www.fukuinkan.co.jp/


福音館書店のサイトをご覧いただければ解りますが、キリスト教系の歴史を持つ本屋でありながら、宗教色は感じられません。書かれている内容も、上からの説教臭さがまったくありません。しかも、不思議な事に、子供向けの月刊誌の多くが「理系」です。自然、生き物、人間・・・を丁寧に見ることを基点にしているようです。d0164519_06095285.jpgその一方で、単発の童話は、豊かな想像力の世界を作り上げています。感動的な名作より、どこにでもあって、いつまでも親しまれる楽しいお話作りを目指しているようです。


12月号の「母の友」は、特集「これからの平和のために、わたしたちにできること」と題されています。伊藤真、伊勢崎賢治、辛淑玉、中山千夏、堤未果など、リベラル系の雑誌などでおなじみの人も、児童書関係の方々も、子供を持つ世代の視座と言葉で語っています。


多くの市民運動が高齢化を嘆き、若い人を呼び寄せられないものかと模索しています。この夏は安保法制に反対し、都会では若い世代がそれぞれ独自の運動を始めました。しかし社会問題に限らず、田舎では世代間の交流が進んでいるようには見えません。年寄りは、若い人たちを何とか引き寄せ、説明(時には説教)しようとします。福音館の本を読んでいると、みんな子育て世代の方においで、子供の方にいらっしゃいと誘われているような気がしてきます。「年寄りの子ども返り」かもしれませんが、そこで語られる言葉はわかりやすく、リズミカルで心地よく感じます。

d0164519_06161963.jpg


4年前、信州宮本塾に参加した頃、放射能の問題を中心に、地元の市民運動には子供連れの親達が多く参加していました。当時、宮本塾の集まりでも、こどもを連れて参加しやすい方策を考えようと提案したことがありました。安保法制で一番に生き方を変えさせられる世代です。もう一度、それを考えてみる時かもしれません。企画内容も、映画上映や子育て世代が関心をもつテーマなどを取り入れて語り合う。外に出て自然や生き物と接するのもいかがでしょうか。年寄りにとっても、意外に心地良い時間になりそうです。時間とお金に余裕がある???世代が変わらなければ、歩み寄らなければと思います。


最後の写真は、異常に実をつけたイチイの枝。原因は知りませんが、パラパラと赤い実を散漫につけるイチイの生け垣の中に、時々このようにちょっと狂ったように実をつけている木を見かけます。ツルウメモドキとムラサキシキブとともに、2週間ほど前に南軽井沢で撮りました。その後なんどか霜が降りて、今はどんな様子でしょうか? ムラサキシキブの実はそのまま焼酎に漬けると、甘い香りがするきれいな琥珀色の酒になります。多少残念な気もしますが、紫色にはなりません。





by maystorm-j | 2015-11-08 06:36 | 暮らし
2015年 09月 09日
「安全保障関連法案に反対する信州宮本塾有志の声明」を紹介します。
私も参加しています信州宮本塾から、現在国会審議中の安保法案に反対する声明が発表されました。以下、全文を紹介します。塾会員の賛同者氏名は、信州宮本塾のブログをご覧下さい。
http://miyamotojuku01.blog.fc2.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


安全保障関連法案に反対する信州宮本塾有志の声明

私たち信州宮本塾は、今般安倍政権によって提出された「平和安全法制整備法案」(安全保障関連の10の法律の一括改訂)および国際安全保障に関わる「国際平和支援法案」(以下、両者を安全保障関連法案と記す)の廃案を強く求め、ここに声明として発表するものです。

集団的自衛権を容認する閣議決定(2014年7月1日)に基づき、また「新たな日米防衛協力のための指針」(2015年4月27日)と連動して出された安全保障関連法案は、憲法違反であり、その当然の結果として、論理構成はもとより、民主主義的な手続きにおいても破たんを来しています。

そもそも集団的自衛権の行使の本質は、その限定条件がどのようなものであるかに関わらず、自らが攻撃されていないのに他国への攻撃に踏み出す行為に他なりません。この結果、アメリカの軍事行動に日本が参戦することになります。それは国際貢献や抑止力の拡充につながるものではなく、最前線に押し出される自衛隊員の命はもとより、日本の一般市民、国土をも大きな危機にさらすことになります。中国を敵視した抑止力の強化は、軍事費を拡大し、危機に瀕している日本財政を破たんさせる危険があります。

それだけではありません。アメリカの軍事行為は、オバマ大統領自身も認める通り、攻撃先の市民の犠牲を伴うものであり、こうしたアメリカの軍事行為への加担を強いる本法案は、日本を「殺す側」に立たせるものでもあります。本法案がもたらすものは国際社会の平和ではなく、その破壊に他なりません。

私たちのこうした危機感は、決して漠然としたものではありません。2000年の新地方自治法では外交・防衛は国の専管事項だとされました。同時に現在の有事法制では地方公共団体に対し、民間施設の使用等、協力の努力義務を課しています。さらに今回の「新たな日米防衛協力の指針」のもと、国内の民間施設が軍事目的に利用され得ることが外務省によって示されています。私たちのごく身近な場もまた「後方支援」の場と化していくのです。この事態を回避するためにも、自治体やその住民が主導してきた平和外交、平和都市宣言の取り組みを強化するとともに、平和の構築にむけて地方公共団体と国との対等な協議の仕組みをつくる必要があります。

本法案が憲法に反していること、かつ戦争を推進・拡大する性格を持っていることが明白となり、市民の反対の声が6割にせまる高まりを見せていたにもかかわらず、安倍政権は衆議院における採決を強行しました。安倍政権の、平和憲法と立憲主義の根幹を揺るがす一連の行為は、「政府の行為によって再び戦争の惨禍」(日本国憲法前文)がもたらされる事態に他なりません。
私たちは、この安全保障関連法案の強行採決に反対し、本法案を廃案にすることを強く求めます。

2015年9月8 日

注) 信州宮本塾は、1992年に発足した住民学習の任意団体です。財政学、環境経済学を専門とする宮本憲一先生を囲み、読書会、学習会、講演会等を企画すると同時に、医療・福祉のまちづくりの探求等、具体的な提言活動も行っています。

by maystorm-j | 2015-09-09 12:42 | 社会
2015年 07月 26日
信州宮本塾「講演会 & 討論会」のお知らせ  8月2日 佐久平
8月2日(日)、信州宮本塾主催の講演会と討論会が、佐久市佐久平交流センターで開催されます。宮本憲一氏講演「憲法における地方自治」。多くの国民・住民のみならず、多数の地方自治体議会等から、安保法制に対する懸念や疑問、反対の意見が表明されています。憲法に謳われる「地方自治の本旨」という視点から、現在に至る戦後史を学ぶ企画です。
d0164519_06330968.jpg
地図では「佐久平交流センター」は旧名「佐久勤労者福祉センター」となっています。





by maystorm-j | 2015-07-26 06:47 | 社会
2015年 04月 29日
5月2日 信州宮本塾講演会のお知らせ
d0164519_07585128.jpg



by maystorm-j | 2015-04-29 08:19 | 社会
2015年 01月 18日
信州宮本塾「じゅく通信62号」紹介
信州宮本塾の通信62号が発行されました。全12ページの1ページ目を掲載します。今回は昨年12月に行われた宮本憲一さんの講演と質疑応答。底知れぬ大きな健康被害をもたらし、これからも長期にわたる患者の発生が予想されるアスベスト問題の歴史と現状、裁判の経過を報告し、国内のみならず海外の状況まで説きあかす内容です。

全編は是非、宮本塾ブログでご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/miyamotojuku01/26854577.html
http://miyamotojuku01.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
d0164519_04202881.jpg


by maystorm-j | 2015-01-18 04:37 | 社会
2014年 10月 28日
第9回 平和と手仕事展 11月2日(日)3日(月休日)
信州宮本塾の講演会や研究会でお世話になっています佐久市望月の多津衛民藝館、一年に一度のお祭りです。昨年は美味しい新蕎麦とおでんをいただき、産直野菜やおこわをたっぷり買い込み、秋晴れの高原をバイクで帰りました。

d0164519_07212702.jpg


by maystorm-j | 2014-10-28 07:25 | 暮らし
2014年 10月 20日
信州宮本塾講演会と、台風で延期になっていました読書会のお知らせ
d0164519_10284736.jpg
d0164519_10290608.jpg


by maystorm-j | 2014-10-20 10:29 | 社会
2014年 10月 13日
本日13日の信州宮本塾読書会は、台風のために延期します
台風19号接近のため、13日に予定していました読書会は延期します。今後の予定については、下記の信州宮本塾ブログに掲載します。よろしくお願いします。

私も参加しています信州宮本塾の読書会案内です。ほぼ一年にわたって続ける予定です。この読書会にいたるまでの宮本塾講演会や研究会などの活動記録は、下記のサイトでご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/miyamotojuku01


by maystorm-j | 2014-10-13 13:20 | 社会