人気ブログランキング |
タグ:ベーシック・インカム ( 2 ) タグの人気記事

2016年 08月 21日
アベノミクスに人はなぜ騙されるのか/経済の土俵で闘う事が必要 その5
お盆の15、16日、仕事場の隣、公民館の駐車場で盆踊り大会がありました。隣組の役員ということで、焼き鳥の係に。前日から解凍した焼き鳥が、大型の食卓上に30cmの高d0164519_04070265.jpgさで積まれ、盆踊り開始の3時間前から焼き始めます。中国製。焼きぐしに刺した状態で一度茹でるか蒸すか、火を通して冷凍輸入。盆踊りの混雑を予想してあらかじめ一度焼いておきます。大会が始まる7時から終る9時まで、もう一度味をつけて焼き直し。いくら熱々でも、3回も焼けば美味しいわけはありません。それを2本100円で売るのですから、もとの価格はいくらなんでしょうか。炭で焼けば美味しくなるというものではありません。ブロイラーの胸肉はしょせんバサバサしています。1500本だか3000本だか焼き続けて、煙で喉はガラガラ。2日後に会った人達からは、隣でドナルドダックがしゃべっていると言われる始末で、4日経っても回復しません。

しばらく戯れていたモンシロチョウとスジグロシロチョウは、勘違いに気づいて分かれて行きました。この集落は、戦後満州から引き上げて開拓に入った人達によって作られました。当初は極貧の厳しい暮しで、盆暮れ正月、支援する教会のクリスマスは、子どもに限らず大人にとっても指折り数える楽しみだったに違いありません。軽井沢の歓楽街のような華やかさはありませんが、いまは落ち着いた山里のたたずまいとなっています。生前はさぞご苦労したであろうご先祖様を迎える年に一度の時に、きっと薬づけの美味しくない焼き鳥をその子孫の子供達に食べさせるのか、まったく理解できません。集落の外れにある国際高校から100人ほど、外国の少年少女も「ボン・ダンス・パーティー」に参加しています。日本人は、「ハレの日」にこんなものを食べているのかと、恥ずかしいばかり。

軽井沢の夏、多くのリタイア組はグルメ気取りで飲食店を徘徊しています。金と暇のある人相手の商売ですから、美味しさ以上に価格は上がる。彼らには江戸時代のご隠居の節度はない。それでも何軒かの蕎麦屋は、まあ価格以上の味と雰囲気を提供していますが、ヨーロッパ風の店には近づかない事にしています。美味しいものは、これから文化を創る若い世代に回した方が良い。社会全体を豊かにするために、彼らの感覚を洗練させ、その再生産力に期待しよう。後期現役世代はバーベキューが好きです。ガツガツ喰らいガブガブ飲む雰囲気に馴染めず、私は出来るだけ逃げ回ってきました。ビールは一缶飲めば充分、後はただの発泡液体。齢とったら、たまのハレの日に「一点豪華」がいい。

生産モデルを変更しないまま、お金をジャブジャブ刷って価格を上げようとしても、結局は低コスト・低品質・低価格・低満足の「負のスパイラル」から抜け出られず、安物を求めてアジア・アフリカから輸入し、国内生産は落ち込むでしょう。アベノミクスや新自由主義を批判する側が、分配の不平等ばかりを述べて、新しい生産モデルを提示しないのは、明らかに怠慢です。反対できればいいと思っているようです。人民=プロレタリアートが安く買えればいいとする発想を捨てて、高品質・高価格・高耐久性・高満足の生産と消費に移行し、蓄積を増やすモデルが必要です。たぶん、それを裏から支えるのがベーシック・インカムではないかと思います。 (続く)




by maystorm-j | 2016-08-21 05:12 | 社会
2012年 06月 19日
核アレルギー払拭の行方・ベーシックインカムについて / Twitter MaystormJournal 5月21日〜31日まとめ
政府は九州などの放射能汚染が低い地域へも瓦礫の広域処理を進めています。運良く今回の事故ではあまり汚染しなかったところに、リスクのあることを強行する意味はなんでしょうか。東北や関東圏のように既に住民の累積被曝量がある程度高いところで焼却すれば、さらに被曝させて健康被害リスクが高まるから、被曝量が低いところで処理してもらえないかという要請なのでしょうか。それなら「私たちは恵まれているのだから、多少の危険を冒しても受け入れましょう」という考えもあり得ます。もちろん、その場合も住民に対する説明の徹底と合意の形成が必要でしょう。

しかし、政府は焼却による危険はないと言っていますし、福島以外の東北では住民の累積被曝量は健康に影響があるほど高くはないと言っています。それなら高額の運搬費用をかけて九州で焼却する意味はありません。むしろ、全国に拡げること自体が目的という事なのでしょう。運搬費用を業者にばらまき、処理費用を自治体や業者にばらまく事。さらに、絆を旗印に瓦礫受け入れという「象徴的な儀式」を通じて、汚染の低い地域に残る放射能アレルギーを払拭する事にあると思われます。

放射能(核)アレルギーを払拭する目的には、二つの側面があるでしょう。一つは、原発導入の当初
からあった原爆保持の願望です。それは原発50年の歴史の中で、推進側からそっと語られてきたことですが、原発廃止の民意が高まる現在は、自民党や読売新聞などは公然と声を上げ始めています。

もう一つの目的は、「トイレのないマンション」といわれる核廃棄物処理の問題が、国民に広く知られる事となってしまい、核燃料サイクルも破綻し、低レベルであればどこにでも埋め立てられるようにしたいという狙いが見えます。低レベルの環境汚染が健康被害を起こしていると証明されるのはずっと先の事だろうから、今のうちに多少の汚染には鈍感にしておこうという事です。こんどの事故で放出された放射能だけでなく,今後寿命に達した原発の解体処理で出てくる放射能の処理をも各地に押し付けられるのです。

消費増税に反対する国民の意識を、福祉に頼る人を叩いて鬱憤をはらす事でねじ曲げようとする策動が、国会とマスコミで展開されました。福祉というものには、一定程度以下の生活しか出来ない一部の人々を救済するという一面があります。そこでは対象者の生活実体や生活能力を査定して、基準以下であれば救済するという作業が必要になります。公平な査定をしようと思えば、細かい査定基準とそのための査定者の充実を要し、人件費増と査定者の権益・権力が生じます。有力者や暴力団が査定に介入する事も起きます。

行政を肥大化し人件費をかけるより、最初から最低限の生活を保障する収入を均等に配った方が効率的だという考え方があります。折々、ベーシック・インカム(BI) について考え書いても来ました。経済学に強くないので、その実現可能性について整然とのべられませんが、最初から生活を保障すると人間は働かなくなるという批判について、すこし述べます。現状では、働かない人は生活保護に向いますが、働く意欲がないのか、能力がないのか、環境がないのかを査定し選別するために高額所得公務員が動員されて、不当に生活保護を受ける人を排除して浮く税金より、排除するために要する人件費経費の方が高いという事になりかねません。

私は工芸制作を生業としていますが、代々続く伝統工芸など一部の作家を除くと、多くの制作者はかなり厳しい暮らしをしています。作品だけでは暮らせず、アルバイトをしている人も多いのですが、いいもの、新しいものを作って行く上では時間がもったいないなあと感じます。作品を買って使い楽しむ側の人にとっても、出来る数が少なければ値段は高くなって、容易に良いものを使えなくなります。作品の流通にかかわる人の仕事にも影響します。最低限の生活を保障することが、いい仕事をたくさん生み出し、社会全体の豊かさにつながる可能性があります。このプラスの循環は、他の仕事でも当てはまるのではないかと思います。



Twitter MaystormJournal 5月21日〜31日 まとめ

5月21日
今日は日食、明日はスカイツリー。マスコミが話題に事欠かないとき、その陰で気がついたら原発が動いていた、なんて事がないようご用心。権力者達がよく使う手だ。お祭り好きな日本人は浮かれやすいのか。閉塞感の強い日常を生き抜く術なのか。美空ひばりの歌う「お祭りマンボ」後の祭りか祭りの後か。

5月23日
学者物書き絵描き物作り業界ではこれを盗作と言う。普通は良いものを盗む@kidseearth 今朝の信濃毎日新聞・駒ケ根の業者が福島産米を「長野県産表示」だって・・私たち母親必死なんだよ。子どもたちに安全なもの食べさせたく・・これじゃ、他の県内の生産者への信頼だってなくす。ひどい

偽装というゆるい表現ではなく詐欺罪。仕事に対する誇りを捨てる自殺行為@kidseearth 今朝の信濃毎日新聞・駒ケ根の業者が福島産米を「長野県産表示」だって・・私たち母親必死なんだよ。子どもたちに安全なもの食べさせたく・・これじゃ、他の県内の生産者への信頼だってなくす。ひどい

『きっこ ‏@kikko_no_blog
チェルノブイリ原発から80キロのところにある町では日本よりも厳しい食品の基準値を定めているのに生まれた600人の赤ちゃんのうち230人に蘇生措置が必要だという。これらの赤ちゃんは奇形や先天性の重疾患。食べ物に気をつけていてもこれが「放射能汚染された場所で暮らす」ということの現実。』

過去、先天性の障がいは様々な言葉で呼ばれ、社会から差別や抑圧が働いた。呼び方を言い換えるだけで現実が変わるものではないが、呼ばれる側の気持ちにも配慮を求めた内部被曝研究会総会シンポにおける山田真さんの願いを受けとめたい。@kikko_no_blog・・・ これらの赤ちゃんは・・・

5月24日
石原都知事、オリンピック誘致の本格化。今は東北に一円でも多く投入したい時。長野冬季五輪誘致では多額の賄賂がIOC委員へ。公職ではないため違法とされない。IOCは一種の貴族サロン。露骨なたかり集団。今後どれだけの税金や裏金が使われるのか。国民の支持率最低が救い。マスコミ大動員の予感

5月26日
原発、TPP、様々な問題で官僚達の発言を聞く。市民側との違いは?政策がもたらす効果を語るが、現実感も実現感もない願望の延長線。東大卒等は幼少からエリートの道一筋。願望が障害もなく実現してきた環境と経歴。自己と組織の無謬性を過信、悪意や敵を想像不能、国民や社会は操作可能という意識。

生活保護受給者に対しては、学校でも給食費徴収で特定されない配慮。受給者個人に対するバッシングの裏には、厚労省による受給基準の切り下げ策動。それにしても正義や道徳を振りかざしながら、巨悪は見逃し、すり寄る者達の多いこと。/yokoyamaさんRT/次長課長河本母の生活保護問題経過

九州に震災瓦礫持込みを阻止する座り込みで2名の逮捕者。焼却処分では排気ガスで放射能放出の可能性が指摘されている。人為的暴力的な被曝強要に対し、窮鼠猫を噛む運動は否定出来ない。しかし焼却場前の道路が1万人の市民で埋まるなら、静かに危険を排除出来たはず。無関心と暴力の連鎖にはまるな。

5月27日
小沢氏起訴を決めた検察審査会に対する東京地検特捜部の報告書捏造事件。明晰緻密な解析で露呈する法治国家の根底を揺るがす事象。2012/05/24 「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」記者会見http://iwj.co.jp/wj/open/archives/16838民主主義を育てる市民の責務。マスコミの堕落。

検察審査会が非公開なため、地検特捜部や補助弁護士等の働きかけの実体は見えなかった。提出した報告書が全くの捏造であるという事はばれないと思ったのだろう。「・・市民の会」が報告書を手に入れる以前からマスコミ数社はもっていた。報道の自由は国民の知る権利を代行するもの。自由と責任は一体。


軽井沢に増えた新住民。退職金で購入した家で悠々自適の年金暮し。その庭を荒らすサルの群れを追い払う役場臨時職員は手取り月15万程度。住民からは「殺せと可哀想」苦情の十字砲火が浴びせられる。現在年金で暮らす人は払った以上に貰っているが、いま年金を納めている人は将来払った分以下の受給。

事故のバス運転手と雇用会社に対し、事故が「起きた」ではなく「起こした」と表現。原発でもそうあるべき。事故は起きたのではなく国策で運転していた東電が起こした事故。起こした側の政府首相が「私のリーダーシップで再稼働を判断する」という異常。6/28関西電力株主総会までは待てないと前原。

チェルノブイリでは国の手配したバスとトラックで住民と共に家畜も避難。早い時点でなら家畜も移送して一定期間クリーンな環境と餌で放射能は減らせたはず。福島では病院の取り残された患者、安全な行き先を指定されず高濃度汚染地域を右往左往させられた住民。生きていた可能性のある津波被災者放置。

5/22北九州市の処理場で汚染瓦礫を持込むトラックの前に座り込んだ市民を悲鳴と怒号の中、警官隊が実力排除した。放射能汚染物の移動や一般ゴミと混合処理、簡易埋め立てなどは異常な行為。諸外国では市民が蜂起したアラブの春と同じに見えるだろう。これが続けば日本は危険で異常な国と見られる。

5月28日
国会事故調で3.11直後の政府・東電の動きが明らかにされる。東電本社に統合本部を作った事で有機的に機能する対策が可能になった。女川と東海はギリギリ助かったが、別々の本社がある三つの発電所が事故を起こしていたら統合本部は作れたか。大飯を含む若狭湾の原発銀座も3社、本社は東京にない。

5月29日
現場で困難な活動が続く中、東電首脳部は事故対策から撤退放棄しても想定外の自然災害を理由に責任を問われないと考えたのではないか。官邸が本社に乗り込んで統合本部を設置した判断は正しかったのだろう。しかし東海か女川も同時暴走していたらそれも不可能。若狭湾原発銀座ではどこに統合本部設置?

東電の事故対策や賠償には莫大な国費投入、各地の放射能対策でも税金が使われる。実質国営企業。にもかかわらず杜撰な労務管理。何段もの下請けでピンハネ。暴力団絡みの手配。追跡されない健康状態。労働者への取材拒否。官営事業ならありえないが、筆頭株主石原都政なら逆に東電方式を導入するかも?

若狭湾原発銀座。関電、北陸電、原電の本社は各地に。福島原発事故は東電本社と官邸・経産省が偶然近くて連携可能。大地震で事故が同時多発すれば、東電のように統合対策本部で有機的な対応は不可能。@magosaki_ukeru 脱原発・関西電力・・大事故起これば東電と同じく逃げればいい・・

生活保護世帯や援助を受ける障がい者・児童に対するバッシングは、地域社会では今も根強い。自己肯定感、正義の側にいるという安心感が欲しい弱者がバッシングのターゲットを求める。何かを隠したい権力にそそのかされた憂さ晴らし。福祉にたかる暴力団関係者などをバッシングの対象にする事はない。

国会事故調で菅氏「学校20mSvは文科省・安全委等関係者の議論で決まった」実体は文書の行き来のみ。安全委員会が了承しなかった事は昨年4・5月ブログに書いた。記述を見直すと、安全委のICRP路線を無視し、より緩い基準を適用したい文科省、放医研、山下グループ、対策本部の暴走が見える。

5月30日
どうでもいいようなことですが、あまりに長年月続くので、ちょっと一言。どうして政治家、ジャーナリスト、知識人、市民運動家などの多くが、シミュレーションをシュミレーションと言い、半分ぐらいの人達がパネリストをパネラーと呼ぶのだろう。下らないと思いつつ、気持ち悪いので。

若狭湾には原発銀座と呼ばれる程多くの原発。文殊を除いても会社は関西電力、北陸電力、日本原電の3社。多くの活断層。地震で複数の原発が壊れれば、どのように対応出来るのか。どこに原災本部を置くのか。福島は想定外のシビア・アクシデントというが、4炉が壊れた割には極めて幸運にも小さな被害。

国会事故調、佐藤福島県知事参考人質疑を見る。県政・知事はひたすら正しく対応し、悪いのは全て政府という主張。ひとかけらの反省も見えない。原発誘致の県史もプルサーマル承認も交付金も忘却。このような首長を戴く福島県民の不幸。皆がこの知事に投票したわけではないが、心してリーダーを選ぼう。

5月31日
『岩上安身 ‏@iwakamiyasumi
賛成する。地球温暖化とセットになっていた「原発はクリーン」とする「原発ルネッサンス」キャンペーンもゴミ箱行きへ、どうぞ。RT @komatsunotsuma: CO2「25%削減」見直し 岡田氏明言http://urx.nu/1dEP #iwakamiyasumi』

反原発市民運動のエコロジーやロハス指向の人達の一部でなぜ、東電後援のガイア・シンフォニーという地球温暖化・原発推進の映画が流行っているのか?@iwakamiyasumi・・地球温暖化とセットになっていた「原発はクリーン」とする「原発ルネッサンス」キャンペーンもゴミ箱行きへ、どうぞ

大新聞がなぜこれほどまでに堕落したのか?記者クラブの問題やスポンサー頼りの経営などに焦点が当てられてきたが、見落としきた「押し紙」と「再販価格」岩上安身氏による黒薮哲哉氏インタビューhttp://iwj.co.jp/wj/open/archives/17213 新聞は政府に弱みを握られていて、権力批判が出来ない構造。

マスコミが原発のみならず、TPP他様々な問題で犯罪的な役割を続けてきたことはかなりの人々が認識しているはず。にもかかわらず、ボタン押すだけで勝手にしゃべりだすテレビの安直さや、毎日届く新聞から抜け出せない。自分の目で選び判断せず、大勢に寄りかかる。本屋はガラガラ。ネットから逃避。

40年以上前、独立以来NHKに金を払ったことはない。当時ベトナム戦争や学生運動、公害問題に対する報道姿勢に納得がいかず、本多勝一氏の主張もあり、何度か集金人と議論した。この10年以上テレビなしで不自由しない。貧乏人は払うより払わない方が簡単。本多氏のいた新聞社も今は惨憺たる状態。

高額年金での暮らしぶりを批判してきた。彼らは長年働いて積み立てたのだから当然の権利と言うが、積み立てた金はとっくに官僚どもが食いつぶした。若い世代を低賃金で働かせ、ギリギリの生活から消費税を取り立ててまかなう。せめて支えてくれる次世代にまともな労働環境、生活環境を残す義務がある。

by maystorm-j | 2012-06-19 07:45 | Twitter M.Journal