人気ブログランキング |
<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 26日
アベノミクスに人はなぜ騙されるのか/経済の土俵で闘う事が必要 その2
前回、経済とくに新自由主義経済に対するオルタナティブとなりうる富の生産・分配という一貫したモデルを提示しない限り、人々は「正常性バイアス」心理からだまされ続けるだろうと言うことを書きました。生産・分配さらに富の蓄積を含む大きな提案が求められているのではないでしょうか。ケインズもマルクスも読んだ事がない私にとって、経済と言うジャンルはほとんど未経験です。もちろん、データに基づく経済学的解析や展望が出来るはずはありません。しかし、経済活動は社会環境における人間集団の営みである以上は、生態系における生物群集の営みと同じような視点で考えて見る事も出来るのではないかとという、ちょっと無謀な試みです。d0164519_07074145.jpg

生態系内では、主に植物が環境資源を取り込んで有機物を生産し、主に動物がその有機物を消費しながらリサイクルします。生態系内にはその総量=バイオマスが蓄積されていますが、その一部は主に微生物などにより分解されて、リサイクルされたり、無機物に戻されます。生産者が多彩で安定的なほど、消費者も多様で安定すると思われます。単一樹種が多い尽くす寒冷地の森など、量的豊かさがあっても、質的には貧しい生態系と感じます。そんな視点から現在の経済を眺めてみようと思います。


敗戦後の日本は世界有数の経済成長を経験しました。その要因はいろいろ言われますが、間違いなく暮らしは豊かになりました。生産が増えれば消費者がふえて、さらに生産者が増えるのが自然ですが、経済成長率が下がる前に、人口増加率が下がり、それが「成熟した社会」だと言われました。生産が増加し消費者が増えなければ、いっとき蓄積が増えて暮しは豊かになりますが、その後にくるのが「ものあまり」時代です。国内消費が飽和状態になり、生産と消費を海外に求めることになります。安い労働力と量産効果に頼るコストダウン、価格競争、新製品開発競争がむしろ製品の質を落として、負のスパイラルにはまってしまったのではないでしょうか。

最近、食料品以外の買いものは量販店に行く事が多くなりました。どこでも広い店内に大量のものが並んでいますが、来客数も店員も少なく、店員の丁寧な説明を期待することはできません。広い店舗と大量の商品を維持するコストの割には1商品あたりの利潤は少なく、人的サービスまでは捻出できないのでしょう。

付加価値の小さな富を大量に生産するシステムでは、複雑で長距離の流通と大量の消費者を必要とし、生産に使われる資源や労働量、流通のコストに較べて利潤が少なくなります。利潤率が下がり、賃金を下げれば消費力が下がります。いっとき海外に市場を求めても、そのうち海外でも同じ負のスラパイラルが起きるでしょう。ワーキングプア、移民労働力、失業、いずれもこのスパイラルの中で起きてくる問題です。貧困層のために安い製品を大量に作る事では、そこから脱出できるとは思えません。貧困層を無くす事、それを富の分配のみに頼らず、これまでとは異なる富の生産・分配・蓄積のシステムで豊かになる方法を考えなければならないでしょう。
(続く)




by maystorm-j | 2016-07-26 06:48 | 社会
2016年 07月 23日
アベノミクスに人はなぜ騙されるのか/経済の土俵で闘う事が必要 その1
参院選挙が終って、しっかりとした反省がなされないままに、今は東京都知事選挙に関心が移っています。政権交代後、何度も選挙で敗北を経験しながら、敗北の原因をしっかりと検証する事なく、d0164519_07310870.jpgいよいよ改憲の鳴動が聞こえるようになってしまいました。

原発再稼働、安保法制など、個別の問題では政権に批判的な声が世論調査で確認されながら、選挙となると毎回与党側の勝利になるのはどうしてでしょうか。不正選挙だとか、小選挙区制度の問題だとか言っていても、選挙で勝たなければ不正をただす事も選挙制度を変更するのも難しいのが現状です。

選挙になると安倍政権はアベノミクスを持ち出します。焦点は経済発展と国民の暮しだと、土俵を設定します。この3年あまり、アベノミクスによって暮しが良くなったかと言うと、数字はその逆を示しています。にもかかわらず、なぜ与党が勝つのか。世界中で、新自由主義経済が人々の暮しを良くする事はないと言われながら、なぜ国民はアベの政治を否定しないのか。批判して来た側の弱点、オルタナティブを示せていない事について、経済を中心に考えてみたいと思います。

経済という分野は、私が最も苦手な分野の一つです。これまで、リベラル側(この分類もネオリベラルに対抗するものとしては不適当な気がしますが)からの批判をたくさん読み聞きしてきました。その主張の中心は、富の分配の不公平を論ずるものです。「1%対99%」という図式がその典型です。賃金制度による公平化、税制による調整・再分配、福祉による補整。いずれも、富をどのように分配するのかという視点です。「パイをどう切り分けるか」という問題に集中しています。

一方で、新自由主義の側は今も「パイを大きくする」事を主張しています。国民に向けて「あなたはパイを大きくする事に参加しますか。大きくすれば、あなたもたくさん食べられますよ」と呼びかけています。それに対して、新自由主義経済は必ず崩壊するという認識がある批判側の主張は、正常性バイアスの心理から入り口ではねられてしまいます。崩壊に直面する前から、崩壊予想に基づいて反対する人は少ないようです。この時点で、すでにアベ政治に負けているような気がします。多くの人は、明日もこれまでの暮しが続く、努力すれば少しは良くなると思いたいのです。それがウソでも、あるいはパイにありつけるのがたとえ1%だけであっても、新自由主義はとりあえず「富の生産と分配」を結ぶ主張をしています。そのシステムでは、多くの生産資源が奪い取られ、多くの労働力が使い捨てられ、多くの質が悪い量産品があくどい宣伝で売りつけられていようと、システムの中のどこかに参加していると思いたいでしょう。崩壊を予期しながらも分配を要求するという組み合わせは歓迎されません。だまされるという仕組みはこうして出来上がっていきます。

新自由主義が「富の生産と分配」を述べているのにたいして、富の分配に対する批判のみにとどまっていては、勝てないのも当然です。次回は、この点をすこし掘り下げてみたいと思います。


by maystorm-j | 2016-07-23 08:54 | 社会
2016年 07月 22日
上田 暁子 個展  酢重ギャラリー 7月20日〜8月8日
夕方から夜半の雨。昼間も霧雨で寒い夏です。梅雨前線もはっきりせず、梅雨が明けると言うより、梅雨が消えて周期的に不安定な天候がそのまま続くのかもしれません。現在、旧軽井沢ロータリーの酢重ギャラリーで開催中、小諸市在住の若い画家さんです。
d0164519_20271799.jpg


by maystorm-j | 2016-07-22 20:27 | 遊び
2016年 07月 02日
かやぶきの家 展  今日から宇都宮市大谷で
d0164519_21000459.jpg


by maystorm-j | 2016-07-02 21:02 | 暮らし
2016年 07月 01日
月1日〜18日 酢重ギャラリー「鈴木りんいち 本田あつみ」展

今日から始まる酢重ギャラリーの展示。笠間から焼き物の二人展です。作風は・・・? まずは見て、触って。一言で言うなら「自由」。器は暮しの使用に耐えるどころか、無理なく凌駕、出す力を感じさせます。さらに、価格も手ごろ。ぶらっと寄れば使って見たくなる事、うけあいです。


7月に入って、昨日は朝方ストーブを炊いた家もあるような気温。今日は一転、昼間の仕事場は31度。暖房用品はいろいろあっても、冷房はない軽井沢です。これから2ヶ月、どんな格好で仕事しようか迷います。半ズボンでは、あちこちのぶつけてキズだらけアザだらけの足に。仕上げにジュンと火傷でもしようものなら、いくら儲からない仕事とはいえ、皮膚が破けるよりは作業着に穴が開く方がましです。


d0164519_21111600.jpg



by maystorm-j | 2016-07-01 21:11 | 遊び