人気ブログランキング |
<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 16日
軽井沢 碓氷バイパスのバス事故と野生動物

昨朝15日は3時すぎに目が覚めましたが、4時にアラームが鳴るまでぐずぐずしていました。外の様子は特に騒がしくもなく、起きてラジオをつけるまで事故については知りませんでした。同じ町内とはいえ10kmほど離れています。碓氷の坂と言えば、古東山道の時代から知られた交通の難所です。群馬県の坂本宿(横川)から峠を越えるまで、標高差では700mほど登らなければなりません。いくつかの峠道が古来ありましたが、一番低い峠が今回事故のあった入山峠です。ヤマト朝廷の官道であった東山道はここを通っていたと言われています。


d0164519_07285919.jpg

江戸時代の中山道はもっと北を通っていました。軽井沢宿(現在の旧軽井沢)から北東へ、尾根道を坂本までの歩道です。当時から、地元の交流や女性旅行者、産品の物流は牛や馬が使い易い6~7km南の和美峠を利用していました。明治10年代の終わり頃から、軍事的要請もあって、馬車が通れる国道を3kmほど南に通し、合わせて鉄道を通しました。当時、国道は180あまりのカーブ、鉄道は26のトンネルという難所ですが、傾斜はバイパスほどきつくはありません。今回の国道碓氷バイパスは昭和の中頃、さらに2kmほど南にできて、時間は半分以下に短縮されました。旧国道は山肌に沿って緩い傾斜の長い道が作られていましたが、バイパスは大きなカーブがつづら折りに重なっています。大きくターンしながら滑るスキーゲレンデをイメージして下さい。群馬側から登ってくると(下り方向)どうしてもアクセルを踏んでカーブをクリアしていく走り方になります。路面の角度が時速40kmに設計されているのか、少し速度を上げると外側に引っ張られます。追い越し車線のある幅の広い道路ですので、積載量オーバーのトラックでもない限り、40キロで走っている車はありません。県境の入山峠から軽井沢の平地までは一気に下りますが、昼間であれば回りの景色からきつい下り坂であることが判ります。軽井沢側は距離も短く、大きなターンがとれずに急傾斜を下ります。直滑降に近い斜滑降を強いられると思って下さい。ループ橋を一ヶ所入れると傾斜はかなり楽になるでしょう。群馬県側とは、道路の設計理念や構造が異なりますので、ドライバーは運転の意識を変える必要があります。

平成に入って、さらに南を通る高速道路が出来ました。カーブが少なく、地形の凹凸をトンネルでクリアしていきます。バイパスと高速では5分程度の時間短縮で料金をとられることと景色の良さから、バイパスを使うこともよくあります。軽井沢まででしたら、以前は有料の自動車専用道でしたので、バイパス区間は信号もありません。佐久、上田、長野方面に行くのであれば、高速を使った方がずっと早く、疲れもガソリン代も少ないでしょうが、軽井沢、御代田、小諸北部の人はバイパスの方を選ぶ人も多いでしょう。


バスが落ちた道路北側はどちらかと言うと山側で、のり面に突っ込んでいれば、これほどに事故にならなかったかもしれません。ところどころに小さな沢の低地があり、運悪くそこに落ちたようです。事故の原因は判りませんが、このあたりは野生動物が多く、クマ、サル、イノシシ、シカ、カモシカ、キツネ、タヌキ・・・何でもいます。クマは冬眠中。サルは昼行性で軽井沢の群れの遊動域ではありませんが、時々群馬側の群れが上がってきます。周辺ではシカとイノシシの衝突事故はたびたびあります。ラジオの速報を聞いていて、最初に思ったのは野生動物をよけ損なったのかもしれないということでした。歩行者も自転車もいない道ですので、何かが飛び出してくることを想定して運転していません。特にシカは近年頭数が増え、群れで移動しますので、近隣の国道でも事故死しているのをよく見かけます。車が大破した話も聞きます。今回の事故原因はまだ判らないようですが、交通事故の面からも今後、野生動物との棲み分け対策がますます重要になるでしょう。



by maystorm-j | 2016-01-16 08:22
2016年 01月 06日
「お試し改憲」の危険性・・緊急事態条項


d0164519_04175489.jpg

d0164519_07575647.jpg現在の浅間山が出来る前、山頂は少し西にずれた「黒斑山」が聳えていました。2万年あまり前に現在の浅間山より大きなその黒斑山が崩壊し、軽井沢は崩れ流れた岩や土砂に埋まりました。その厚さは数十mと言われています。氷河期が終わる前のことですから、寒い軽井沢に人が住んでいたかどうかは判りませんが、動植物は壊滅状態だったことでしょう。文明の進んだ現在でも、そのレベルの自然の猛威に対して、人間の出来ることはほとんどなさそうです。今も軽井沢から佐久平駅南にかけて、所々に「流山」と呼ばれる小さな丘が点在し、そこには転げ落ちて来た「赤岩」が見られます。


40年も前の話ですが、関東大震災60年周期説が言われ、神奈川県南部に住んでいた私は、さてどうしたものか考えさせられていました。丸の内の某大不動産会社に勤めていた友人が、その会社のビルには莫大な非常食の備蓄があって、毎年一番古くなったものをみんなで食べて、新しいものを補充するという話をしていました。大震災があれば、事態に対処するために社員は会社に残り、家には帰れないことになっているから、大量の非常食が必要なんだと言われているそうです。


緊急事態の際の国の対応について、その不動産会社がどれほど知らされていたのか判りませんが、その友人は東名高速の近くに住む私に、幹線道路は自衛隊が封鎖するから通れなくなる、治安維持のために自衛隊の銃は被災者に向けられるのだから近寄らないようにと言っていました。そのまま一方的に受け取れる話ではないかもしれませんが、関東大地震の時に軍が虐殺に関与したことなどを見ると、非常事態を契機に国家がどのような振る舞いをするのか、考えておく必要はあります。


以前から、9条のように簡単には国民の賛成が得られない改憲案ではなく、環境権のように通りやすい条項から「お試し改憲」ということが言われていました。安保法制の強行直後から、国の非常事態に対応するための「国家緊急権」改憲が安倍総理からでてきました。東日本大震災のような規模の自然災害に対処する非常事態条項が必要かもしれないという考えは以前からありましたが、自民党の考える国家緊急権は「お試し改憲」と呼ばれるような生易しい内容ではありません。ドイツの国会放火事件で発動され、ナチ独裁のきっかけになったものより強力な権限内容と言われています。


少し前にIWJ動画で、日弁連で災害対策にあたっていた永井幸寿弁護士と小林節氏の議論を見ました。現在、会員以外でも全編動画が特別公開されています。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/271317


今月19日の岩上安身氏による永井弁護士インタビュー動画はイントロのみ一般公開

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/279662

3時間を越える全編動画は会員のみですが、

http://iwj.co.jp/wj/member/archives/42931


災害対策について日本では法制度がかなり整備されています。その内容については、火山噴火を例に問題点もいろいろ考えましたが、それはさらに法制度の改良で対応すべきことで、非常大権を導入すべき問題ではありません。国家緊急権は弾圧と独裁への道を開くものと見るべきでしょう。


SEALDsやそれを支える文化人の中には、「必要があるなら改憲すればいい」という空気があります。「左からの改憲」「新9条改憲」など、内容を検証することは必要ですが、その前に改憲してもいいんだと言う雰囲気が醸成されることの危険性を感じます。



by maystorm-j | 2016-01-06 21:21 | 社会
2016年 01月 04日
新春夢譚「挑戦、挑戦、挑戦・・・戦に挑む年でごじゃます」
d0164519_16112161.jpg「シン造親分! 飴屋のオバンが何かうるせえこと、言うとりますが」
「何だと? 先だってオバンには、アンミツご馳走したばかりでごじゃます」
「向こう岸のキン平組とイッチョやりてえんだったら、隣のオカンと仲良くせえ、ゆうとりますぜ」
「飴屋も金ないゆうから、たっぷり金貸してやっとるに、うるせえな」
「アッシらかて、借金だらけですがな」
「アタシら金足りなきゃ刷るのでごじゃます。シマの民草に借りたもんなんざ、踏み倒せばええ」
「で、隣のオカンには何と?」
「金でかた〜つけて、黙らしてこい。千両箱の十も積んだるけん、金輪際シノゴノ文句たれさせるんじゃ〜ねえぞ。悪さしたかて、金払えばええんじゃ。なんのかのと五月蝿え親分連合にゃあ上納金払わんぞ言うて、脅したったわい。そこら中の胡麻の蠅みてえな親分どもにゃあ金ばらまいたったけん、文句もでまいて。アタシ、後戻りしとうないよっての〜。もう子や孫にまで謝らせるこた〜させん。」
「えっ!親分、どこぞにお子様が?」


さて、一見するとのどかなニホンザルの母子。父子関係は明確ではなく、オスザルが子育てに参加することはないようです。母ザルがいない時に、コザルの行動を監視・規制することは見られますが、世話をしていると言うよりは、威張りたがりの延長のような気もします。一般に乱婚と言われますが、なかには何日も群れから離れて「恋の逃避行」をするカップルもいます。

軽井沢の群れは20年ほど前に、東の群馬県側からやってきました。当時、ニホンザルの空白域でしたので、争うことなく侵入してきたのですが、群馬県側ではいくつかの群れが接していましたので、縄張り争いの結果、押し出されて来たのかもしれません。群れと群れの争いはありますが、殺し合うほど激しいものではないようです。チンパンジーの群れに見られるような、意図して「戦に挑む」という印象はありません。



by maystorm-j | 2016-01-04 09:38 | 遊び
2016年 01月 01日
2016年 あけまして おめでとうございます
d0164519_07364289.jpg

浅間山からぷっくりとわき上がる煙。寒さもちょっと和らいで、元旦は氷点下4度。過ぎた一年にくらべれば、穏やかな年越しです。一昨年から続く社会の激変がまだ、暮しの実感として定着していないために、その変化の意味が衆知されていないようです。あるいは、実感となった時にはすでに、後戻りできないステージに進んでしまっているのかもしれません。年末に見せられた茶番劇を、恥じることもなく一歩前進と受取るところに、知性、理性、感性の崩壊が始まっています。





by maystorm-j | 2016-01-01 07:51 | 暮らし