人気ブログランキング |
<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年 11月 26日
この状況で身動きがとれないことについて・・・直近のツイートを振り返る その2    2012年11月26日
前の記事が長過ぎて、前半しか掲載できませんでした。後半を、その2として掲載します。いつもだらだら長く、読みにくくてすみません。私自身の再考と記録のために書いているという面もあります。読んで下さっている方々には、ほんとうに感謝します。ありがとうございます。


11月21日
MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
新自由主義経済を喧伝する勢力は、自説の冒頭に枕詞のごとく「資源のない国日本」と言う。人が生きていくための資源がなかったなら、縄文文化が栄える事も、弥生人が流入する事も、京の王朝文化も武家社会の歴史もあり得ない。一万年に渡って日本列島の暮しを支えてきたのは、水と陽光の豊かな風土/続

前続/英独仏に較べ緯度が低く、夏の雨が多い日本の自然は土地の生産力が高い。人の暮らしにとって最高の資源である。農業生産力で敗戦後も大量の餓死者を出さず、森林生産力で小さいながらも家を持てた。中東の風景と破壊される暮しを見るたびに日本の生活資源は豊かだと思う。その森林生産を破壊/続

林業が崩壊したのは40年以上前にアメリカの圧力に屈して木材が自由化された事と、円高を押し付けられたため。今またTPPの圧力で、国内の農業生産は崩壊させられるのか。新自由主義経済は日本の豊かな暮しの資源を失わせ、海外の資源資本に隷属させるか、あるいは資源略奪戦争へと導く破滅の道/終

自民党には「ダーティーなハト派」の系譜があった。野中勉の言葉には人間が見えた。田中角栄が病に倒れなかったらどう変貌しただろうか。今また一人の老政治家の言葉が届く『2012/11/19 亀井静香議員・山田正彦議員 新党「反TPP」党結成会見』http://iwj.co.jp/wj/open/archives/41135 …

『2012/11/19 亀井静香議員・山田正彦議員 新党「反TPP」党結成会見』http://iwj.co.jp/wj/open/archives/41135 …乾ききった砂漠に軍隊が砂塵を巻き上げて疾駆盲動するが如き民・自・維新。亀井静香のウェットな浪花節が身に沁み入る。年のせいかな?

RT:Kids' Earth[キッズアース] ‏@kidseearth
今日はこどもの幼稚園の東電への「感謝訪問」の日。朝園を休ませる電話をしたら「いろいろな考えがありますからね。残念です」と。あの人たちにとっては福島の事故など他人事。そんなことにこだわる私が心の狭い人間。子どもはすべて被害者なのにあまりの関心のなさに愕然とする。だけどそれが多数。

RT:Kids' Earth[キッズアース] ‏@kidseearth
今朝の新聞に東電が柏崎刈羽原発の高さ10メートルの防潮堤の工事を報道陣に公開したとある。こんな大惨事起こしても原発にしがみつく会社だ。あの時の津波見たのか?人間に止められると思っているのか。そこに行って「電気を作ってくれてありがとう」って子どもたちに言わせるらしいよ。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
猟友会資料http://www.moriniikou.jp/index.php?itemid=816&catid=8&catid=8 …「これまでに公表された野生鳥獣の肉の放射性物質検査結果を更新(PDF) 」 http://www.moriniikou.jp/media/Rakude/20120724113712-120703.pdf … 軽井沢ではイノシシがニホンジカより低く出ている点はちょっと納得がいきませんが。

RT:hatupi ‏@hatupi
新しい街を作っていくのに、難しい数式や普通の人が読めない論文なんかを解いたり書いたりする人材は必要ないと思う。何も無くなった今だからこそ、できることがあると思う。気仙大工、リンゴ農家、養殖漁業、林業、商業も。アイディアをたくさん出して、ほかにない形が出来たら若者が残ると思う。

RT:hatupi ‏@hatupi
工務店さんに弟子入りの風習ってあるけれど、弟子をたくさん取ると、経済的に苦しくなるので、あまりとっていなかった。昔のようにそれが出来れば、気仙大工が増える。今がチャンスだと思うけどね。たくさん家を立ててるもの。人で不足だって言ってるもの。お役所は、そういうお手伝いしないのかな?

11月22日
RT:11/21 hatupi ‏@hatupi
陸前高田は、職人さんをいっぱい作ったらいい。箱もの、目に見える財産は津波には勝てない。大きな企業だって、小さな企業だって、津波には勝てない。人を作ることだと思う。企業で働く、歯車の一つでなく、手に職を持った職人さん。養殖漁業、リンゴ農家、気仙大工、陸前高田らしい職人さんを。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@hatupi 大量生産でないもの作りで暮らしていくのは本当に容易ではありません。子供に金がかかる間は年間5000時間労働でした。夏以降、戦争が煽られ消費意欲は激減。廃業する職人が増えそう。陸前高田に行けば、少量多品種の選択や個別個性的注文が可能という「職人ワールド」ができれば。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@hatupi お客さんはもの作りの苦労を聞きたがりますが、その仕事を選んだものにとって作業はむしろ坦々と進めるもの。もの作りに10の時間を使うと、仕事環境整備、経理、営業販売、諸雑事に5の時間がかかります。腕のいい職人ほど苦手な分野。その部分に、地域としての取り組みができれば。

hatupi ‏@hatupi
@MaystormJournal そうですね。それは農業も同じ。市ぐるみでそういうことができたらいいのですね。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@hatupi 展示会場で「キャー素敵!」と歓声を上げる客より、じっくり静かに一寸批判的な眼で品定めする人を私は大事に。行政の応援はとかくイベント主義。一過性のイベントで売れるのは、飽きやすい派手な思いつき商品。リピーターを育てるには日常の生活に根ざしながら、暮しへ提案がある物。

hatupi ‏@hatupi
@MaystormJournal 一過性のイベントは、どこもやりがちですね。じっくり育てること、やってほしいです。

RT:島薗進 ‏@Shimazono
深い洞察で頭とともに心で納得。@ngalyak 事実/規範/実存をめぐる平川秀幸さん @hirakahaw の昨夜のツイート(日付は今日だが)、いま<福島>をめぐって飛び交う言説(の混乱)を定位するうえでとても参考になります。http://twilog.org/hirakawah/date-121122/asc …

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
企業がリストラし給料を下げ、国内の経済の 首を絞め、全体の売り上げを減らし、自ら 負のスパイラルを作り出していること、理解しているのだろうか。今のデフレ大不況を作り出しているのは大企業自らと、無策の国である。そこに消費税は上げればあげるほどその負のスパイラルに拍車をかける。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 同時に、安倍自民党総裁が提唱する、3%インフレターゲット、無制限の金融緩和、円の過剰供給も問題。消費は落ち込み景気は良くならないまま、円は海外に流れ、個人資産は目減りし、若年層はますます窮乏するのではないか?

軽井沢には私が一度も足を踏み入れた事のない豪華な音楽ホールがある。ソニーの経営者が退職後の趣味である楽団指揮のために、十数億の退職金を町に押し付けて町有地に作らせた。その陰で3000人のソニー従業員が首を切られた。その経営者は、ホールで演歌のコンサートも町民のカラオケも禁止した。

軽井沢にはいくつかの温泉宿。私がトレーニングに行く町営の施設には大浴場があり利用する。お湯は茅野の温泉から週1回運ぶ。地元で一番大きい温泉ホテルが掘削を認めないからだ。そのホテルは米国の巨大金融資本と組んで、各地の旅館やスキー場を買収している。そのホテルの温泉には一度も行かない。

ソニーは没落するだろう。もの作りが働く人を軽視し、ゲーム作りに走るようでは先はない。リーマンショックが再来すれば、鼻息の荒い軽井沢の温泉ホテル業者もお払い箱になる。一世紀間、軽井沢を支配してきた開発業者のアウトレットとゴルフ場、ソニー従業員の首で作られたホール周辺は放射能が高い。

r-dan佐久 ‏@jinenyajp
@MaystormJournal 軽井沢で安く温泉を利用できないのはそのリゾートホテルのせいなのですか?低料金の町営温泉がなぜできないのか不思議だったのですが、謎がとけました。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@jinenyajp そのホテルは旅館組合を牛耳っていて、温泉の新規参入を認めません。昨年夏に、福島から子供の保養キャンプを行ったときは、旅館組合参加業者を利用しないと町の補助が出ない仕組みになっていました。

r-dan佐久 ‏@jinenyajp
@MaystormJournal保養キャンプにまで経済効果を求めるとは.....。 利権の独占は他の業種でもありそうですね。

11月23日
MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
福島第一原発の土地は戦争中、軍の飛行場だった。堤康次郎が戦後に払い下げを受け製塩事業。製塩が終って、不要の土地を手放そうとしていた堤は、政界のつながりで東電の発電所計画を知り、一転ごねて東電に高く売った。64年、買収が終った翌日に東電は原発建設計画を発表。戦前から一貫して堤は/続

前続/堤は軽井沢で国有地・町有地の払い下げを受け、別荘地・ゴルフ場・ホテル・アウトレットの開発、莫大な儲け。貴重な自然が破壊された。その資金の一部は原発立地を売って得た金。虚飾の繁栄を誇る軽井沢のゴルフ場、アウトレット、ホテルは町の西側に集中し、群馬県境を越えた放射能が降った。

軽井沢の繁栄を虚飾と見る事に異論もあろう。観光産業や別荘が悪いとは言わないが、大資本に支配された企業城下町は人を置去りにして歪んだ発展をする。町の広大な一等地がゴルフ場に占められ、広い土地を持つ裕福な町民と臨時雇用・低賃金労働者との格差は大きい。学ぶ事や技能習得の気持ちが衰える。

先ほど、軽井沢の「西側」に集中するリゾート開発に放射能が降ったというように書きましたが、「東側」の間違いでした。頭の中に「西武」の文字がちらついていて、ついつい引っ張られました。ご指摘ありがとうございます。言うまでもない事ですが、放射能は「天罰が・・」という意識ではありません。

混沌と見える右派の離合集散だが、視点を改憲・集団自衛権・海外派兵・武器輸入等、戦争への傾斜度という座標軸で考えると判りやすい。財務省を中心とする官僚や財界、グローバル金融資本など様々な力が日本の政治を動かしてきたが、夏頃からアメリカの直接的な圧力が強まって、求心力を形成している。

藤沢周平を読むと、藩の政治とそこに生きる武士の運命が、いかに金・コネ・体力で決まるか思い知らされる。現代の企業城下町でもその伝統は残る。35年前、軽井沢に移住した時、町で幅を利かすのがM大学出身者だった。T大でも地元S大でもなく私立のM大。しかも、ほとんどが裏口入学だった。/続

裏口入学には3通り。M大出身の町長や議員、別荘の有力者に頼む。ズバリ金。中学高校ひたすらスポーツで好成績をあげる。コネ・金・体力の藤沢周平ワールド。それ自体は東京でも珍しくないが、驚いたのは、それが正門という感覚。コネも金も体力も全て自慢の種で、裏口という意識はまるでなかった/続

コネも金も体力も全て親の甲斐性と自慢する。受験勉強なんて暗い青春、要領の悪い貧乏人のする事。勉強すると卒業後都会で就職し、帰ってこなくなる。適当に遊んで、町に戻って西武か役場に入るのが親孝行。企業城下町では、若者は学ばず、技量も磨かない。勤めても働かず、駐車場やアパート経営。/終

r-dan佐久 ‏@jinenyajp
@MaystormJournal 何でM大なのですか?


MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@jinenyajp @MaystormJournal 少し調べましたが、理由はわかりません。70年代始めから5期町長であった佐藤正人氏の影響かもしれません。その間に、軽井沢の財政立て直しと、おもだった公共施設建設が猛烈な勢いで進み、箱もの行政の時代が以後も続きます。

RT:Kids' Earth[キッズアース] ‏@kidseearth
今日は小諸市と長野県の放射能を考える佐久地区連絡会との意見交換会に出席。焼却灰500bq/kgから2500bq/kgへの引き上げは周辺の11の区長で組織される「環境保全協議会」から市に要望したとの事。どこに引き上げ求める「環境保全」協議会がある??

RT:Kids' Earth[キッズアース] ‏@kidseearth
そしてその環境保全協議会の会長は引上げを決めた新市長の後援会長。区長が賛成したというけど、その決議がどうなされたかは市の職員は誰も知らない。区民にはほとんど知らされていないのにあたかもその保全協議会の決議を錦の御旗のように言う市の生活環境課。あ~生活環境課は誰の見方なんだ・・

RT:Kids' Earth[キッズアース] ‏@kidseearth
何百年も管理しなきゃならない放射性物質をその辺の老い先短いおっさんたちだけで決めるなんてことが許されるのか?自分達に何のメリットもなく500から2500へ引き上げ求めるって何?何?子どもや孫の命よりもっと優先するものがそのおっさんたちにはあるとしか思えんわ。

11月24日
MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
軽井沢町内回覧板で「戦争と平和 未来を考える写真展」案内が回っています。12/8(土)〜10(月)、中央公民館1階展示室。http://www.karuizawa.co.jp/newevent/2012/11/post_9.html …連絡先:0267-46-3312稲垣壬午さんとなっています。軽井沢9条の会の企画?「浅間山米軍演習地反対運動の記録」も

先ほど紹介した写真展では、ヒロシマ・ナガサキ・フクシマも取り上げるらしい。オスプレーの飛行コースも。詳しい情報がないかとネットを探したが、見当たらない。主張を近隣市町村に広める仕組みができていない。衆院選で統一候補を模索する手段もない。地域内でバラバラの状態をなんとかしなければ。

by maystorm-j | 2012-11-26 06:17 | 社会
2012年 11月 26日
この状況で身動きがとれないことについて・・・直近のツイートを振り返る その1     2012年11月26日
その前の週に引き続き、政界がめまぐるしく変わった一週間でした。都知事選挙では、宇都宮けんじ氏が都政に限らず、日本のあり方を広い視点で提起し、多くの支持を集めていると思います。しかし、都知事選挙に直接かかわることはないばかりか、地元での衆院選でも手も足も出せない状態です。いくつかの市民運動に参加していながら、この状況で身動きがとれないことについて、直近のツイートを振り返って考えるつもりでしたが、多少話題が散漫になっています。

Twitter MaystormJournal 11月18日〜24日

11月18日
11/18 MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
仙石・前原・枝野等、野田政権メンバーは民主残党として自公民政権へ移行。菅・蓮舫・辻本らがどうなろうと国民に影響はない。しかし、連合が民主残党の濡れ落葉として安倍自民と連立に向うなら、働く国民にとって影響は大きい。なぜ労組から疑義が出ないのか。なぜ組合員が決起しないのか。

綾小路秀麻呂 ‏@Maro1003Taka
今や連合を構成してるのは高給取りの裕福な組合員だけだからです!(-_-;) @MaystormJournal

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@Maro1003Taka @MaystormJournal 中央の労働官僚・労働貴族や特権的労働者を見ていると強い違和感がありますが、鴨桃代氏が会長選挙で善戦した背景にある労働者全体の貧困化、不安定化などはさらに進行しています。地方では運動への労組員参加も多く、だいじな仲間です

RT:11/17森口祐一 ‏@y_morigucci
(承前) 放射性物質によって汚染された廃棄物に関して、あえて二項対立的に表現すれば、「薄めて拡散」するか「濃縮して管理」するかの基本的な考え方すら明確でないことが、議論が収束しにくい状況を生んでいる。 →これが私が西日本での広域処理に賛成しなかった理由であり、安全性とは別次元。

RT:11/17早川由紀夫 ‏@HayakawaYukio
↓ 森口さんは、「濃縮して管理」派なんだろな。私は、津波がれきの場所のような(0.5マイクロ以下の)低汚染ところは、「薄めて拡散」がいいと思ってる。路傍の土もさっさと水で流してしまえ、とあおってる。

RT:11/17早川由紀夫 ‏@HayakawaYukio
もちろん、行政あるいは原因者が回収してくれることが望ましい。しかし現状はそうではないので、応急処置として水で流し去ってしまいたい。そうする権利が私にはあると思う。RT @y_morigucci: 拡散しないように止められるものを止めない行政の不作為は改善の余地ありです。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
デモの次は選挙!政治家はデモは痛くもかゆくもないが、選挙は怖い。息の根が止まる。 だめな政治家の息の根をしっかり止めよう。 国民にはその力がある。選挙に行こう!

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 選挙に行こうと言う前に、リベラルの統一候補を立てねばならない。党勢拡大のために共産党が全選挙区に候補を立てる限り、宇都宮けんじのような統一候補は困難になる。地域で話し合い一つできていない。オープンな議論と提起がないまま、どこに向って投票を呼びかけているのですか?

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 連合が地獄の底まで民主残党についていくと決めた事の重大性に気づきませんか。よほどの覚悟で市民運動が先頭に立たなければならない。候補者が出せるか?絶望的。デモを呼びかけた側が、「デモは痛くもかゆくもない」ですか?次は選挙・・無責任な!現状の厳しさをわきまえてほしい。

前回の都知事選でも宇都宮けんじ氏を立てる運動があった。反貧困運動の先頭に立っていた宇都宮さんは日弁連会長を勤め、反原発の訴訟を続けてきた海渡弁護士を事務総長にして、震災被災者、原発被害者救済にあたった。その実績は統一候補として誰もが認めるものがある。地方の衆院選は全く準備不足。

反原連の行動については、目くらましとガス抜きであると書いてきた。反原連の背後についても警告してきた。官邸前に集まる数におごり、早く民意を問えと選挙を望む声が多かった。不人気投票で政治家を辞めさせられるなら、いつでも投票できる。しかし、勝つために選挙に臨むのは容易ではない。

11月19日
岩上安身 ‏@iwakamiyasumi
現在の会員数のお知らせです。全有効定額会員数は4077名。うちサポート会員947名、一般会員3130名。もし、もう少し会員になってくれる皆さんが増えれば、年内に最低限度の目標5000名に到達できるかも。ぜひ、ご協力を! よろしくお願いします!

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@iwakamiyasumi ネットから自分好みの言葉を受け取ればいいというものではない。編集されていない一次情報を自分なりに解析し、考え方を組み立て、自分の言葉で周囲に伝えていこう。本や雑誌で読み返すのと同じように過去の映像情報も必要。今年の始めにIWJ会員になった理由です。

地方では選挙の度に投票したい候補がいない事が多い。無意味と思いつつ白票の事も。どうしても落としたい候補にマイナス投票ができればいいと思った事もある。今の厳しい状況をつきつけられると、そんな考えは自分たちの代表を主権者として育ててこなかった怠慢の結果だと痛感する。

RT:森田実 ‏@minorumorita
1)12月16日に行われる総選挙の第一の課題は平和主義を守ることである。具体的に言えば、石原慎太郎、橋下徹、安倍晋三、野田佳彦らの反平和・従米軍国主義・反中国の小児病的愛国主義・極右化の跳梁を阻止し、反戦平和主義を守り抜くことである。これこそが今回の総選挙の最大の国民的課題である

RT:森田実 ‏@minorumorita
7)安倍晋三自民党政権のもとに石原慎太郎、橋下徹、野田佳彦、前原誠司、玄葉光一郎らの超タカ派の反中国主義者が総結集し、中国と軍事的に対決する従米軍国主義政権をつくろうとしている、との見方である。反中国・従米軍国主義の大政翼賛的政権である。これをめざして動いている者もいる。

RT:森田実 ‏@minorumorita
2)東京の大マスコミの政治報道は、戦争挑発者の石原慎太郎氏を中心とする新党結成の動きに集中している。大マスコミの報道には石原慎太郎氏を応援する姿勢が露骨に現れている。東京の大マスコミが反中国の小児病的愛国主義を煽り立て、日本と中国の対立を激しいものにしようと煽動している。

11月20日
街角で飲む一杯のコーヒーに払った金が、ガザの子どもを殺す砲弾になる。ディズニーランドで子どもと遊ぶ事がパレスチナの子どもから未来を奪う。グローバル化とは、日常のあたりまえに思われる暮しの、その先を見なければならない社会に生きているという事。http://palestine-heiwa.org/choice/list.html …

RT:11/14平良夏芽 ‏@natsumetaira
反対運動、抗議行動、非暴力不服従、非暴力直接行動は、すべて必要だがそれぞれは違う意味をもつ別々の行動だ。個人にはそれぞれの事情があり、出来る範囲がある。しかし、自覚は必要だ。それぞれの場で自分が何をしているのか。何をしようとしているのか、何が出来ていないのかは精査する必要がある。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
反原発だけではないマルチイッシューを温かい人間の眼で発言し実践してきた宇都宮けんじさんが立ったことは大きい。衆院選に向けて混沌とする政界を見極めるのには、いくつもの物差しが必要。内橋克人さんは第一に憲法を挙げる。どの勢力が改憲、集団自衛権、米軍事戦略追随、戦争と破滅への道か。

暮しと経済の物差しで衆院選を見る事も重要。TPPがいかに生活と仕事を破壊するのか、情報は隠され議論は起きない。隣国との緊張・対決姿勢が消費意欲を萎縮させ、輸出を停滞、雇用を減らす。増税と将来の不安が収入を貯金に向わせ、消費はさらに萎縮、貯金は天下り先、世界金融資本、戦争費用へ。

景気と消費は夏以降急激に落ち込んでいる。「金に頼らない落ち着いた社会」などと言う状態ではない。ものが売れない、ものが作れない、仕事がない、雇用がない。金持ちは貯金し、貯金は生産に投資されず日米国債へ。貧困層の閉塞感は戦争へと煽られる。魑魅魍魎達の跋扈を前に、打つ手の見えない選挙。

原発、増税、TPP・・我々にはいずれも選挙の重要課題。しかしむこうの目指す所は改憲ではないか。政策が一致していない諸政党が離合集散を繰り広げるのは、改憲という隠された軸をめぐって動いているからだろう。生活党の曖昧さもそこから。みどりの風は政党になって、政治のダイナミズムを失った。

2012/11/18 シンポジウム「―広島、長崎、チェルノブイリ、福島― 事実に基づく放射線影響の研究」http://iwj.co.jp/wj/open/archives/40897 …市民と科学者の内部被曝研シンポ。長くて難しいところもあるが、お薦めです。特に低線量被曝について、自然放射線の危険、嚢胞の対照群データ等。

前回の衆院選で民主党候補は事実上、反自公、反官僚の統一候補だった。いま野田執行部に反対しながらも、まだ民主党に残っている改選議員にとって、地元で連合票を失う事は反TPPの農協・医師会よりも影響が大きい。現場労組員のジレンマは大きいだろう。共産党と連合の存在が統一候補希求を妨げる。

RT:r-dan佐久 ‏@jinenyajp
つくば市で観測された空気中の放射性物質の種類と濃度の測定結果--高エネルギー加速器研究機構http://www.kek.jp/ja/Research/ARL/RSC/Radmonitor/ …

RT:r-dan佐久 ‏@jinenyajp
都道府県別環境放射能水準調査(月間降下物)における ストロンチウム90 の分析結果について--文科省http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/6000/5808/24/194_Sr_0724.pdf …

RT:孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru
尖閣・米国の策略:今回の尖閣騒動は石原知事のヘリテージ財団発表からスタート。ヘリテージ財団は米国政府の政策決定に大きな影響力。ヘリテージ財団のクリングナー「米国は日本の政治的変化を利用し同盟を進化させるべきである」主要論点・安倍が次の首相になるであろう。中国に対する日本の民衆の、

RT:孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru
尖閣・米国の策略2:増大しつつある懸念はワシントンが米日同盟に致命的重要な幾つかの政治的目的を達成する絶好の機会。ワシントンがなすべきことに次のもの。・東京はより大きい国際的役務を受け入れるべきだということを明確にする、・同盟国(米国)の安全保障上の必要に見合うよう防衛費支出の

孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru
尖閣・米国の策略3:増大を促す、集団的自衛権で柔軟な解釈をするように勧告。日本は海外の軍事展開で同盟国(米国)の資源を消耗させるのではなく、効果的貢献を行うべき・沖縄に普天間代替施設の建設で明確な前進を行うように圧力をかける・韓日軍事協力を行うよう推奨、この論評で、「中国に

RT:孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru
尖閣・米国の策略4:対する日本の民衆の増大しつつある懸念はワシントンが米日同盟に致命的重要な幾つかの政治的目的を達成する絶好の機会である」と位置付けている。この論評は明らかに尖閣諸島の緊張を歓迎。そして、集団的自衛権などの実現に利用する青写真用意、

by maystorm-j | 2012-11-26 06:11 | 社会
2012年 11月 24日
統一候補がだせない!・・・露呈する市民運動の弱点に眼を。   2012年11月24日
いっとき、橋下、石原、河村氏らが率いる勢力の合従連衡が騒がれましたが、落ち着く所に落ち着いたという感じでしょうか。TPPや原発をめぐる橋下・石原間の政策の違いをそのままにして合流するのは野合だという論調が多く見られました。しかし、石原氏を突き動かしているのは、改憲・徴兵・戦争願望であり、今年にはいって、特に夏以降アメリカ政界が背後から押して、現在の対中緊張が作り出された経緯をみれば、TPPや原発はあまり興味のない問題なのでしょう。安倍自民、野田民主、さらにみんなの党や生活党も含めて、改憲・集団自衛権・海外派兵・・・戦争という一つの座標軸で各政党の主張と動きを考えると、諸政党の動きは判りやすい気がします。

それに対抗する側が、「反原発」に主張を集約する事自体は、大きな連携を図る意味でも、判りやすい選挙の争点として浸透させるためにもいいと思います。複雑な状況を読み解く事と、その中でどう闘うかは自ずと異なるでしょう。しかし、結集軸が明確にあるにもかかわらず、具体的にどう結集するかというと、先がまるで見えません。都知事選で宇都宮けんじさんが統一候補として、諸政党を含めて支持体制ができた事に較べると、同じ日に投票がある衆院選ではいろいろ困難な問題が露呈しているようです。候補者個人の政治生命や政党の存亡がかかっていますし、政党は選挙区で勝てなくても比例での票を増やしたいとなるでしょう。

都知事選のように、市民運動が集まって候補者を選び、各政党に支援を要請するような仕組みは、地方の小選挙区では困難です。東京の小さな区ぐらいの人口が東京全体ほどの面積に散らばっているのが、地方の選挙区です。10人20人という小さな市民運動がたくさんあって、それはいいのですがお互いの連絡がとれていません。年に一度か二度のデモには数百人が集まりますが、それを企画する中心は市民運動と組合運動です。その組合運動は、その上にある連合が民主党べったりですから、選挙となると動きがにぶくなるでしょう。民主党に残っていたリベラルな議員達が党を去り、連合系・旧社会党系の議員は執行部に従う誓約書を書き、財務省や財界の言うままに選挙後は自民党と連携する事になるのでしょうか。今後、市民運動間の連携を強めることと、様々なメディアを市民が身につけて広く地域に発信していかなければ、地方の態勢は作れなくなります。

市民運動にはそれぞれの課題があって、その部分については問題点を理解し把握しています。しかし、町の護憲集会に出た際、参加者がTPPをほとんど理解していないことに驚いたこともあります。現在この国で急激に進んでいる変化は、原発・エネルギー、増税・貧困、改憲・戦争、TPP・新自由主義・・・様々な角度から進んでいます。それらの激変が、地方にどのように影響するのか、暮しがどう変わっていくのか、総合的な視野が必要です。

「東北学」という運動が東北にありますが、長野学、佐久学、軽井沢学や御代田学・・・「地元学」を深める必要を感じます。市民運動がお互いを理解するためにも、課題で限定せずに対象地域を設定して学習・調査・議論の場を持ったらいかがでしょうか。もう一つ、行政や商工会や観光協会の提灯持ちではない、地元で発信するネットと紙媒体、さらに放送媒体を持つ事。この二つが、これから取り組む課題になりそうです。

解散総選挙をむかえて、私たちの弱点があまりにも明確に見えてしまった感があります。多くの国民が原発をやめようと思っているにもかかわらず、充分な闘いが組めません。何が足りないのか、どこを変えなければならないのか、己の側を検証しないと、急激に進むこの国は間違った舵取りに対抗できないでしょう。

市民運動の参加者に望む事は、まずは顔を見せてほしい。いろんな集会やデモで出会う人々と、何か連絡を取りたいと思っても手段がありません。名前、連絡方法、ウェブサイト等を記した名刺を持ち歩いています。ツィッターなど、どんな方法でもいいですから、自分の考えと連絡方法をオープンにしていかなければ連携はつくれません。「名もない草の根」としてぼやいていてもしかたありません。孤立を深めるばかりです。

地域のいくつもの市民運動に参加していますが、そのほとんどがメーリングリストやツイッター、ウェブサイトのコメント欄などでおたがいに議論し合う仕組みをつくりません。主宰側が批判されるのを怖れているようにも見えます。何か問題があると、そのときは燃え上がっても、その後は仲間だけで同調し合いながら縮まって、いつしか消えていくのが市民運動。国が戦争へと向う動きに、負けるわけにはいかないと自覚するなら、やるべき事は見えてきます。

by maystorm-j | 2012-11-24 08:47 | 社会
2012年 11月 17日
日本の政治に何が起きているのか・・・素人の解析ですが   11月14日〜17日の対話
国会内の政局・政変などは、東京を離れて40年になる私にとっては、雲の上の出来事です。大学闘争を経験しているとはいえ、全く党派や組織に無縁で、そのころ右も左も判らない2年生のペーペーには、党利党略なども理解の外でした。石原都知事の辞任を契機に、急にギアが入ったかのように見える政治の動きは、いかにその分野が不得意とはいえ、なにやら動物的な危機感覚を刺激するものがありました。

以前から3党合意で国会論議を軽視する野田政権のやり方は、国民が直接選んだ国会議員、国権の最高機関たる国会に対する政府の憲法違反的対応だと思っていました。民意を問うべき課題は野党側には、原発・増税・TPPなど様々ありますが、内閣側にはこれという課題が明確に提示されたわけではありません。TPPのように自民党が曖昧に反対としていた課題でも、内実は賛成というのが見え見えです。内閣不信任案が通ったわけでもなく、民意を奪い合うはずの最大野党とは事前に解散の条件を通じていたのですから、正当な首相の解散権行使とは言いがたいものがあります。

また、議員定数の問題では、一票の格差が違憲であり改善する事を最高裁に求められていました。その点も自民と通じ合って先送りしての解散ですから、司法権に対する侵害にもなります。立法と司法に対する内閣の独裁であり、この解散は憲法の精神に反しています。国のありようを定めた憲法のもっとも根幹の部分を侵害する解散です。

選挙後に連立する事を選挙前からすりあわせているのですから、民主党と自民党の間は、有権者を欺き、結婚を約束している愛人同士が、この先どっちが家長になるか、財布を握るかを争っているようなものです。はじめから共通の政策を発表し、民意を問えばいいので、有権者を馬鹿にした話です。そのバカバカしさをマスコミは「第3極」の合従連衡を幕末のドラマのごとくに報じる事で本質を隠し、有権者の判断を狂わせていきます。この選挙で国民が判断すべき事は、原発、増税、TPP、オスプレー・・・国の今後を決する具体的で重要な課題です。幕末維新の大河ドラマで贔屓の俳優のファン投票ではありません。命や暮しがかかった問題です。

派手な動きの陰で見落とされていますが、民主党を支えてきた一翼である連合が、全く無批判に野田政権に同行しています。この先、民主党は党内の批判派を一掃して、原発推進・増税・TPP・オスプレー容認・・・の右より一直線で、安倍極右自民党と連携していくというシナリオが公然化しているのに、濡れ落葉のごとくに野田についていこうとしています。日本の労働運動の終焉ともなる重大な選択に対し、労組・労働者から異議も決起も見られません。

11月14日から17日までの4日間、ツイッターで論じた事を掲載します。本当に不得手な分野ですので、間違いだらけの解析かもしれませんが、結果が明らかになってから論じても状況になんらコミットできませんので、あえて書いてきました。ご意見、ご批判をお待ちします。
なお、対話の相手となっている放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOOは、私自身も参加している会の公式ツイッターとして公開されていますので、そのまま転載しました。


Twitter MaystormJournal 11月14日〜17日
11月14日
放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
前回の民主党政権で、政権を変えれば国が良くなると思ったのは間違いだったのがわかった。ど素人の政治家を思い通りに使うことなど、官僚にとっては簡単な事。自民党以上に 簡単な政党だった。官僚をコントロールできる政権でないと、どうしようもないことが分かった。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 前回の衆院選挙では民主党に何も期待せず、民主党にも自民党にも投票しなかった人は大勢いた。ど素人の政治家を選んだ国民がまず己を恥ずべし。勉強しないと騙され最後は死ぬ。今回の馴れ合い解散を喜んでいる政党と憤慨している政党を分類してみれば、解散を評価する気にはなれない。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
16日投票。民主にも自民にも入れない。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 前回の選挙でもそれは同じ。もし、前回民主党に何か期待して投票したのなら、騙された経緯と原因をきちんと総括してからものを言ってほしい。今回、自民・民主等々に投票しないのも当たり前。勝つためには、どういう戦略でどのような見通しがあるのか語るべき。念仏唱えても勝てない。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
阿部晋三氏 小沢一郎氏 どちらが質問の 終わり方が美しいか一目瞭然 http://p.tl/rpnE  今日の党首討論

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 生活党の中身も小沢自身もブレブレ。美しいなぞと言えるものか?オリーブの木を育てようとすれば根元が崩れる可能性。民主党内部の反TPP派は離党壊滅を強いられるのか。状況分析、戦略と展望を語らずにかけ声ばかりでは、マスコミの大音響にかき消されるだけだろう。電博も強いぞ。

11月15日
MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
都知事選は右派候補が乱立。政治理念がないまま、権力欲と名誉心で登場。宇都宮けんじ候補に勝機はある。宇都宮けんじの経歴・活動歴は、生活党から共産党までの幅広い支持を得られるものだ。首長選挙は党利を離れて結束がしやすい。無党派のシニアにも浸透するだろう。若い世代へのアピール力は?/続

前続/週刊金曜日も世界も読んでこなかった無党派の若い世代へパワフルなアピール力が必要。しかし衆院選は党と議員個人の生き残りがかかる。都知事選が気楽なファン投票なら、衆院選は年末の紅白歌合戦出場をめぐる歌手同士の戦。政治生命をかけた闘いで連合ができるか、選挙協力ができるか・・/続

前続/衆院選では候補者それぞれ地盤、資金、後援者・・様々な事情をかかえて、所属政党が混乱する状況の中で身の振り方が問われる。選挙協力を組むには時間が必要。マスコミが総力を挙げて右派を宣伝する中、アピール力の弱さが決定的。反原発は浸透するが、政治的関心の高い人でもTPPは無理解/続

国民の間でも経済界でもTPPへの理解が進まず、いまだ排外主義がいかに生活を破壊するか自覚もできていない。マスコミの大音響にどう立ち向かうのか。仲間内で流れるツイッターだけで状況を判断してはとんでもないことになる。敵は勝機を見定め、背後のアメリカの意思を確認して解散を選択した。/続

国民の反原発意識だけを見て、「民意を問え」と選挙を望む声が我々の中にもあった。政治に対する無理解、状況分析の弱さ、戦略も展望もない幼児的願望。小泉に騙され、民主党に騙され、それでも己を省みない。私の見方や主張が正しいとは言わないが、議論も批判もない。「どう」闘うのかが聞きたい/終

右派が烏合の衆であることにアメリカは困らないだろう。むしろ民主党で鳩山政権が成立した時より、右派連立政権の状態でキャスティングボードを握る小政党をコントロールする方が容易と考える可能性もある。アメリカ自身も新自由主義と軍事的一極支配主義のせめぎ合い。オバマ再選で前者が多少優勢。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
太陽の党はTPP反対だと思う。減税日本は明確ではない。河村市長は減税政策や脱原発を掲げており、石原氏との隔たりは大きいが、「大同団結」を優先し、看板政策の「減税」を棚上げすることも検討している。 最初からそんなことでやっていけるのか?

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 排外主義諸政党は一応TPP反対。民主党内は反対派を中心に解散阻止で激動しているだろう。自民党も一寸だけ反TPPだが、政権復帰の甘い蜜には勝てない。生活党がどうなるのか。小沢は戦術家であって、政治理念では何度も間違えてきた。今朝は寒さでオリーブオイルが白濁していた。

オリーブの木を提唱した生活党自身がブレていると感じる。選挙協力をまとめあげる時間があるのか?東京は酔っぱらいが増えていた。嫌な時期の選挙だ。勝ち組はボーナスが出て、楽しい忘年会。鬱陶しい政治なんか考えたくもない。TPPで世界へ雄飛の夢。負け組は安酒で排外主義の拳を振り上げる。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
今回の選挙は福島県民救命選挙だ。 次の政権に福島県民の命が係っている。 変わらなければいけない。福島と脱原発を 誰に託すのか?

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 今回の解散劇と選挙で、我々は連合と真正面から闘わなければならなくなることについて、どのようにお考えですか。有権者としては一票を投ずるにすぎない選挙だが、その背景は戦後の社会が根底から崩壊し、再び「戦前」に向き合わなかればならない、ひじょうに厳しい内容だと思う。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
@MaystormJournal  まず雇用ありきで今の社会を引きずっても 先行きは見えているのではないでしょうか。今の不況のもとにあるのは アメリカ従属のその体制にこそ問題があると思います。自然エネルギーに 転換することで産業界は活気を取り戻せると思います。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 反TPP派が民主党を去った後に残るのは、松下政経塾と連合の両翼に支えられた野田内閣。民・自・極右に対抗すると必然的に連合を敵に回さなければならない。戦後体制は崩壊し、新自由主義と軍国主義と公務員・大企業労働者の野合と対決する事に。反貧困の宇都宮候補に象徴される。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
@MaystormJournal 新自由主義と軍国主義と公務員・大企業労働者の野合 ってすごいですね。なぜそこに一致点を見出せるのか理解不能です。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO @MaystormJournal 解散宣言を興石幹事長が容認した事は極めて重要。99%に対する連合の敵対宣言である。後は財界・官庁と一体で大政翼賛の一路邁進だろう。もう一点、阿部知子議員の社民党離脱もターニングポイント。社民党の老朽化も回復不能を象徴する出来事。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
@MaystormJournal  もうなりふり構わず、日本国民を縛りに 来ていると言う事ですかね。本当に野蛮な国になった。 日本国民、できるだけ選挙に行ってもらいたい。微力な1票の大きな力を 見せてほしい。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
反原発派の多くは官邸前に集まる「数」に酔い痴れ、民意を問えと選挙を望んできた。その誤りを今こそ総括すべき。選挙はシングルイッシューでは闘えない。どれほど厳しい状況におかれているのか、冷静に見つめてほしい。舞台は暗転し、坂を転げ落ちる。明日の連絡会はまず状況分析を深化・共有しよう。

11月16日
MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
興石氏が野田政権と命運を共にする。今後、我々は連合と明確に対決を強いられる。05年に鴨桃代氏が連合会長選挙に出た時に僅かに感じた可能性は完全に消える。細々と続いた総評の流れは終わり、特権労働者組織として大政翼賛の一翼を担うという表明。地域の社会運動は歴史の転換点と意識すべき。/続

前続/10年ほど前に阿部知子議員が県内の候補応援に上田市を訪れた時、(私は)候補者を取り巻く地元党員達を見て、遠からず見切らざるを得ないと予感した。高齢化・硬直化がひどく、とても政治活動や市民運動ができる状態ではなかった。地方で党の活動を支えるべき手足は老朽化、むしろ老害化していた。/続

生活党はあいかわらず内部がまとまらないようだ。選挙戦術に思考が偏るから、事態を俯瞰できない体質なのだろう。生活党も社民党もがたついていて、選挙協力が組めない。参議院ではあるが、みどりの風の谷岡郁子氏を首相候補として、左派連合を組み立てるというぐらいの大胆さが必要かもしれない。/終

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO 11/15
@MaystormJournal  それと大切なことは足るを知ること。 そんなに稼がなくても、生活が中心のゆとりのある暮らしを、日本人が 受け入れるか否か。今年東京に行き、以前と比べ東京が普通になっていて 驚きました。昔のような経済一本やりの雰囲気がなくなっている。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 経済が回らなくなれば生活は疲弊する。図抜けて所得の高い東京の消費意欲低下は経済の停滞を意味する。排外主義に煽られて、輸出はつぶされ国内消費も下がった、言わば「イシハラ不況」の状態。東京がクシャミすれば地方は風邪を引く。ものが売れず中小零細生産者・販売業者は崩壊する


MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
良い方法が見つかる前から「解散して民意を問え」と主張していたのは、状況分析の甘さでしょう。@xraytaka :こんな自民党が支持率1位なんて日本国民一体どうしちゃったんだろう。皆死ぬ気?心ある脱原発の勢力が一致団結してこの非常事態に対抗出来ないのだろうか。何か良い方法はないかな

憲法第41条 【国会の地位、立法権】  国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。 国民の選んだ代表を解散でクビにして、TPP参加などの国に関わる重大な決定を首相が独断で行う事はクーデターに等しい。民・自・公・極右・官僚・マスコミ連合による議会制民主主義の打倒。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
首相辞任を表明した安倍晋三の後任となる、内閣総理大臣指名選挙が9月25日に行われ、 参議院で 決選投票の末に福田康夫(自民党総裁)を抑えて、小沢氏が指名された(小沢133票、福田106票)。衆議院で指名された福田が衆議院の優越規定に基づき首相となった。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 小沢一郎氏と小選挙区制度や二大政党制をどのように考えますか? 橋下維新の会と明確に切れないのは、二大政党制への意識があるのではないでしょうか?その背景には、アメリカのグローバル資本と軍産複合体、多極化と一極支配、民主党と共和党などの二元的対立構造が透けて見えます。

ずっと以前から雑誌などで読んできた宇都宮健児さん。大江健三郎さんや内橋克人さんと共に芯の強い「ゆるキャラ」スペシャリストの魅力。IWJインタビューhttp://iwj.co.jp/wj/open/archives/40377 …前日のキックオフ集会と違い、丁寧に話が聞けます。

今や労働組合は正念場だろう。残党民主は連合に目を向けるだろうか?濡れ落ち葉の如くについて行くのか?維新勢力に対抗するため、ワシもと自民に擦り寄るのか?旧社会党系の動きがまだ見えない。組織票を頼りにいま割って出なければ、後は地獄に落ちるばかりだろう。もう手遅れなのか?

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
首相辞任を表明した安倍晋三の後任となる、内閣総理大臣指名選挙が9月25日に行われ、 参議院で 決選投票の末に福田康夫(自民党総裁)を抑えて、小沢氏が指名された(小沢133票、福田106票)。衆議院で指名された福田が衆議院の優越規定に基づき首相となった。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 小沢一郎氏と小選挙区制度や二大政党制をどのように考えますか? 橋下維新の会と明確に切れないのは、二大政党制への意識があるのではないでしょうか?その背景には、アメリカのグローバル資本と軍産複合体、多極化と一極支配、民主党と共和党などの二元的対立構造が透けて見えます。

放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
@MaystormJournal 維新の会とは組むべきではないと思います。橋下市長は危ない政治家。力を持てば持つほど何するかわからない。省庁の改革に プラスに働くと考えているようですが、どうでしょうか。それと今回の民主党政権で、政治をあきらめてしまった人も多いのではと心配です。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 小沢一郎なら、戦術として維新の会と太陽の党を分断する為に維新に秋波を送るということはあり得る。橋下は両天秤で年寄り二人の鼻ずら引き回していい気分だろう。生活党の議員達はこの局面について、不気味なほど何も語らない。動きが潜航している。重大な場面での小沢氏の手法。

11月17日
MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
幕末の志士気取りが右往左往していると思ったら、今度は平安末期の弁慶義経が登場。世紀末を喧伝し救世主・救国者を標榜する。敗戦でも生き残った万世一系の財務官僚や背後の超大国にとっては扱いやすいチンピラ連中に見える事だろう。いかに大河ドラマ好きの国民でも、うんざりして政治離れが危険。

森住卓のフォトブログ「11.14宇都宮健児さんとともに人にやさしい東京を 宇都宮さんの事をどんどん広めて下さいね。 東京が変われば日本が変わる,世界が変わる。」 http://mphoto.sblo.jp/article/60057210.html …行動する写真家の眼が捉えた宇都宮けんじさん。

国会を解散した上で重要な決定を独断で進めるのは野田首相によるクーデターと書いた。現在進行している事態を正面から論評する記事がほとんどない中、森田実氏が久しぶりに発言https://twitter.com/minorumorita :民主党内に上がった声「この「解散」は野田・財務省のクーデターだ」

連合の南雲弘行事務局長は16日、衆院解散を受け「民主党政権の維持に全力を尽くす」との談話を発表した・・ようだ。残党民主の濡れ落葉となって、TPP容認に転じた自民にすり寄っていくのか。財務省・財界・米国を神と仰ぐ自公民政権の神輿を担ぐのか。各組合、組合員は事の重大性に眼を覚ませ

ロムニーの敗北で、イラン攻撃のはしごを外されたイスラエル右派政権ネタニアフ。総選挙をにらんで、手短かなガザ攻撃ということか?大統領選挙が終って、イスラエルロビーとの関係を修復したいオバマは、ガザ攻撃ならばと認めたのか?アラファトの死因究明が動き出したタイミング。

岩上安身、田中宇、孫崎享、武田邦彦・・・必ずしも考え方が一致するわけではないが、たいへんな勉強量に裏付けられた論理を理解できる。思いても学ばざれば・・市民運動のリーダー達、老いも若きも思いばかりが先行する。今こそリベラルの結集が求められる時に弱点を露呈。みどりの風が軸になるか?

仙石・前原・枝野等、野田政権メンバーは民主残党として自公民政権へ移行。菅・蓮舫・辻本らがどうなろうと国民に影響はない。しかし、連合が民主残党の濡れ落葉として安倍自民と連立に向うなら、働く国民にとって影響は大きい。なぜ労組から疑義が出ないのか。なぜ組合員が決起しないのか。

労働運動の体制内化は今に始まった事ではない。しかし、体制内批判派、あるいは体制内分配要求派ではあったはずだ。3年前の公約遵守派やTPP反対派が去った後の民主残党に残る意味は?野田は増税・従米・集団自衛権で安倍自民とストレートに連携する。連合と共通するのは・・原発推進だけだろうに。

by maystorm-j | 2012-11-17 20:12 | 社会
2012年 11月 13日
戦争願望派の混迷と、TPP路線強化・・・オバマ再選で変わる日本の政治状況
石原慎太郎氏が渡米時に尖閣諸島問題で中国挑発を強く打ち出し、一気に日中間は緊張の度合いを深めました。日中の武力衝突、集団自衛権、憲法改正、徴兵制など、これまで極右勢力の頭の中で想像として渦巻いていたものが、一気に現実性をおび、マスコミに踊らされて一般国民もが拳を振り上げる世情になりました。

長年、利権と派閥が混沌としていた自民党は、総裁選で全員が「右向け右」となり、安倍・石破体制という改憲・軍事路線の選択をとります。政界の急激な右傾化、戦争路線への傾斜の背景には、アメリカ大統領選挙で一時ロムニー候補が逆転勝利するのではないかという読みがあったと思われます。本来はグローバル金融資本に近く、世界の多極化を容認すると思われていたオバマですが、一期目は軍産複合体・イスラエル右派政権ともバランスをとりながら、曖昧で中途半端な政治姿勢に終始してきました。民主党政権の迷走ぶりは、背後のアメリカの意思が明確ではなかったことにも原因がありそうです。

アメリカ大統領選挙の過程で、軍産複合体とイスラエル右派に近いロムニーが強力となるにつれて、日本国内で改憲、軍拡、排外主義を標榜する勢力が活発になったのは自然な流れでしょう。ロムニーが勝てばアメリカの強い意思を背景に、維新の会、石原新党、立ち上がれ日本、自民党、民主党の渾然とした関係が整理統合されて行くと考えたのでしょうが、結果は読み間違いに終りました。諜報の徹底したイスラエル政権ですら読み違えたようですから、日本の極右政治家の頭では間違えてもあたりまえかもしれません。亀井静香氏が、様子見から一転して石原批判を開始した事に象徴されるように、右派勢力は混迷すると思われます。

選挙期間を通じて必然的にオバマは軸足をグローバル資本側に移していったと思われます。今後、イランとも対話が開始され、中国・ロシアと調整的な外交が展開されるのではないでしょうか。スキャンダル事件や暗殺、9.11のような突発的事件を警戒しなければならないかもしれません。当面、破局的な戦争が回避されるという事では好ましいのですが、日本にとってはグローバル資本を中心とするTPP押しつけが強化されるという事にもなるでしょう。財界はすでに、対中緊張姿勢から対米TPP追従に切り替えたようです。アメリカの鉄砲玉として中国や中東で戦争させられる日本人から、働いた富をすべてTPPで吸い取られるアメリカの奴隷という日本人像に変わったということです。

いずれにしても、今度の都知事選や総選挙が日本の進路にとって重大な分岐点となる事は確かです。夏以降、本業の仕事で何度か東京に通いました。「イシハラ不況」と名付けたい不景気、国民の表情が刺々しく、消費や生活の楽しみが萎縮している有り様を見てきました。財界も失敗に気づくとは思います。隣国との関係を立て直さないかぎり、経済の悪化は深刻になるでしょう。生活の困窮がさらに排外主義につながり、戦争願望とならないよう、極右でも新自由主義でもない第3の道を提示していくことが重要です。

都知事選が宇都宮健児さんの出馬という方向に進み始めた事は明るい材料ですが、当初からTwitterで発言してきたように、「やむにやまれず爺やが出てきた」という感じは否めません。若い世代の政治能力を育ててこなかった点を、団塊世代以上の政治的意識が強い世代は反省しなければならないでしょう。シングルイッシューで声をそろえても、ドラムを叩いても、政治家は育ちません。地道な地域活動、学習活動、内容の深い表現活動など、今からでも世代間を越えて取り組まなければなりません。


あまり得意ではない分野での、素人の解析です。ご批判を歓迎します。

by maystorm-j | 2012-11-13 06:17 | 社会
2012年 11月 12日
やさしいにっぽん人の「小さな幸せ」   Twitter MaystormJournal 8月11日〜20日
「やさしいにっぽん人」という映画を若い頃に見ました。自分の財布から払うようになって以降、20本ぐらいしか映画を見ていない「非文化人」で、筋書きも憶えていませんが、題名だけが記憶されています。当時、若者の歌では、小さな夢、小さな日記、小さな喫茶店、小さな花、小さな肩、・・・が流行っていました。そして、「小さな家をたてたなら・・・」16才の小坂明子が歌う「あなた」が学生の間に溢れ出てきたときの、言いようのない敗北感。

ラディカルに原理を問いかけた大学闘争が、進学・就職のくびきにあっけなく崩れ、小さな幸せを求めていつの間にか大きな豊かさに埋没していった。その大きな豊かさが踏みつぶしているのが、いまの若者や底辺の小さな幸せであるにもかかわらず、団塊世代は市民運動の中でいまだに自分を「名もない草の根」と自己規定する。居心地はいいに違いない。


Twitter MaystormJournal 8月11日〜20日 まとめ

8月11日 昨金曜日参院、優先すべき首相問責決議案を差置いて消費増税法可決。。金曜日の抗議行動でその怒りが表明されたか?参加者の気持ちがどうあれ、多くの重要な政治課題から目をそらす主催者の意図は見事に成功した。次の選挙で落とせばいいと主催者は闘いを先送りする。参加者よ、いつまで騙されるのだ。

RT:岩上安身 ‏@iwakamiyasumi
ホイッスル。日本敗れる。銅メダルを逃した、などという結果はどうでもいい。なりふり構わず勝負に出る勇気に欠けていたことが、残念。ぼろ負けしてもいいから、攻めて、攻めて、攻め抜いてもらいたかった。シュートを打たない勝負は無意味だ、と痛感させられた夜明け。前がかりでないと。人生もまた。

@iwakamiyasumi 昨金曜、優先すべき問責を差し置いて消費増税可決。金曜行動でその怒りは表出したか?参加者の気持ちを裏切り、多くの重要課題から目をそらす反原連の意図は成功した。次の選挙で落選させようというのは、闘いの先送りだ。岩上さんの言葉を、金曜抗議行動主催者に贈る。

消費税、ものが売れなくなるのだろうな。節電節約エコロハス。右も左も「贅沢は敵」。退職金と年金がっぽりのリタイア組が、家庭菜園蕎麦打ちウォーキング。消費せずに貯めた金は銀行から日米国債、東電へ。地元では数の少ない現役世代が、金持ち老人の医療費・介護費を負担。老人よ地元で金を使え。

8月12日 ブログMaystorm Journal更新「お盆の休み 雑感/Twitter M.J.まとめhttp://maystormj.exblog.jp/16618079/  田舎でありリゾート地でもある軽井沢のお盆休み。帰省客・避暑客・観光客。仕事の品質と倫理。ある地方議員の自爆。自立した女性の活躍、男は生き残れるか?

RT: 孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru
竹島:11日読売「韓国サッカー選手、ピッチで竹島領有メッセージ」。どこの国でも領土問題で強硬姿勢を示すことが愛国者という層がいる。国に閉塞感がでるとこういう輩が跋扈する。日本でも石原慎太郎という政治家がいる。死に体だったが、尖閣を叫ぶことで政治的に蘇った。国民は煽られる。

仕事場の周囲がキツネ臭い。夜中は雨だったから今朝方の訪問。集落のはずれはクマの通り道。キツネもよく見かける。昨日は土曜日、帰省客をむかえてあっちこっちで宴会。美味しいゴミにでもありつけたろうか。6時前から隣の公民館広場で盆踊りの櫓組み。大勢の役員が早朝から大きな音と声で作業。

朝6時前から始まった盆踊りの櫓作りは8時に終って、それぞれの仕事に散って行ったようだ。帰省客や別荘・観光客が起き出してくる頃には、昨夜までなかった櫓が忽然と姿を現している。キツネもクマも食事済ませて、巣穴で子育て?薮で昼寝か?軽井沢中心部は今さぞ混雑、ここは静か子供は宿題の時間?

8月13日 昨日曜日、周囲は昼間静かだった。大勢の帰省客や避暑・観光客がいるはずなのに、夏休み中の子供さえ遊んでいない。猫が歩いているだけ。オリンピック?高校野球?スポーツってするものじゃなかったか?見て感動。見て怒り。今朝暗いうちに起きると、開け放ってある窓から入る線香の香りに強い現実感。

RT: 放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
我孫子市http://twitpic.com/aifirf 生活と自治の記事での疑問点1 焼却灰のセシウム濃度が2倍に上昇しリサイクル業者が受け入れを拒絶。やむなく敷地内で保管。以前の別の記事では「焼却灰表面線量高い」→搬入拒否http://p.tl/g4sB   1.5μSv!

RT: 放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
疑問2我孫子市 千葉県は行き場を失っている焼却灰を我孫子市と印西市にまたがる手賀沼終末処分場に一時保管すると発表。寝耳に水の地元住民は猛反発。 田舎に自分のところの焼却灰を送ることは なんら問題ないが、千葉県の焼却灰を置かれるのは困る。

8月14日 反原発で広がる落選運動。では誰に投票?代わりが維新の会では土砂降り。田舎の小選挙区では投票したい候補がいない。度々、白票を投じる。中選挙区制に戻す時間はない。この流れの中では、社民党が結着剤となって、反原発、反TPP、反増税・・で広く野党間の選挙協力を作るのがベストな闘い方では。

放射能は危険。原発は危険かつ不要。根源的には極めて単純明解。だが現実の世界ではどう暮らすのか、どう戦うのかとなると、問題が複雑に絡み合う。田舎で人が少ない狭い地域でも、運動側に最初の2命題への温度差が。放射能にどう対処するか、個人の選択の部分もあるが、共に考え話す時間と場がない。

8月15日 震災から17ヶ月。避難所にいた人々はみんな、仮設住宅やみなし仮設、あるいは自主避難や住宅再建へとばかり。避難所が残っている事を忘れていた。今も双葉町住民200人余が埼玉の廃校で教室に詰め込まれ、廊下の段ボール内で着替えする状態におかれている。避難所というより難民収容所ではないか。

春以来、陸前高田で暮らす同年輩の男性のブログとツイッターを毎日読んでいる。一人のまわりには大勢の赤ん坊から年寄りまで、生活、仕事、自然、ボランティアの活動、農水産物、販売、祭り、まわりとツイートのやりとり。匂いまで伝わってきそうだ。瓦礫問題の向こう側にも人々が暮らしている。

8月16日 風が吹いて雲が流れる夜明け。気温20度。昨夜は隣の公民館で盆踊り。町内会の露店に子供達が大騒ぎ。晴れがましい場所に出ると、たいていへまをするので行かない。結婚式など、これまで5回ぐらい。音頭と太鼓をBGMに、早川由起夫・柚木ミサト対談。柚木氏に「やさしいにっぽん人」を思い起こす。

banbi/けーちん ‏@Banbi_keitin
柚木ミサトさんほど優しい人はあんまりおらんです。 @MaystormJournal :音頭と太鼓をBGMに、早川由起夫・柚木ミサト対談。柚木氏に「やさしいにっぽん人」を思い起こす。

返信:MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
柚木さんの優しさは、B29絨毯爆撃下の東京で子供を手元に置いて、防空頭巾を縫い、防空壕を掘った親の優しさ。学童疎開は苦しかったが子供は生き残った。RT@Banbi_keitin:柚木ミサトさんほど優しい人はあんまりおらんです。

昔見た映画「やさしいにっぽん人」筋は覚えていない。川原崎長一郎と緑魔子に流れていた空気の記憶しか残っていない。汚染地で放射能に負けずに暮らす子供をサポートしたい柚木氏の「やさしさ」。早川原理主義はにっぽん人に合わないのだろうか。福島に帰る人が増え、避難をあきらめさせる空気が強い。

久しぶりに早朝からラジオ。いまだにオリンピックの話題が多い。震災被災地はお盆をどう迎えただろうか。新盆になる人もいただろう。あるいは行方不明のままそれさえも。にっぽん人のやさしさ柔軟さは、時に原理から目をそらせる。神の名による強制的原理主義ではなく、個人の選択のために原理的思考。

福島のエートスという運動のサイトを覗く。避難か残留かで揺れ動く福島の人にわだかまっている問題意識をかなり的確にすくい上げている。しかし問題に対する回答は巧妙なずらし。正面から考えずに「こっちの水は甘いぞ」というささやき。救いの言葉を求める人と救いを語りかけたい文化人達には蜜の味。

8月17日 RT: 早川由紀夫 ‏@HayakawaYukio
このような国家的災厄の場合、芸術家は何の役にも立たない。宗教家ならまだいくらか役に立ちそうだ。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
「優しい芸術家」柚木氏の主張は、B29絨毯爆撃下の東京に残る親子に、丈夫な防空頭巾と防空壕の作り方を教える事。つらい学童疎開が子供を救った。RT@HayakawaYukio :このような国家的災厄の場合、芸術家は何の役にも立たない。宗教家ならまだいくらか役に立ちそうだ。

RT: 放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
フジコーポレーション7月の搬入http://p.tl/Rwea  新規 埼玉県 志木市 神奈川県 寒川町 三浦市 それと湯河原町は500Bqで押さえていたのが939Bq入れてきている。徐々に高いものが入れられてくる雰囲気がしている。 小諸市の説明会まだ調整中とのこと。

福島のエートスの動きが明らかになる以前、さらに3.11よりもずっと以前から、エコロジー運動には国際的原発推進のバックが入っていた。5年ぐらい前のこと、地域の工芸家仲間がガイア・シンフォニー上映会を企画した。誘われた時に、その映画は原発推進であり後援者に東電がいる事を指摘し断った。

いま反原発運動の先頭にいるいくつかの市民運動(家)が加わるアースデイというイベントも、ガイアシンフォニーを後援するマルチ商法のA社と深くかかわっていた。今も野中ともよ氏などガイアとかかわる。エートスの登場は、以前からエコロジーやスピリチュアル運動における原発推進の浸透と共通する。

ガイアシンフォニーとかアースデイとかエートスとかに流される人の共通点は、自分が優しい人間だと思っているところ。人に生き物に環境に地球に優しく振る舞おうとする善き人々。冷徹に事実を直視しない。自分に出来る善い行いを求めている。苦難の道を自ら選んだと錯覚し自走、人を巻き添えにする。

8月18日 2度目のお盆が終った。去年のお盆までには仮設住宅への入居が完了すると約束した首相は、辞任後も議員として政治活動している。今も数千人が入居待ち。仮設は狭く、内職も家庭菜園も出来ない。高台に作られ、買い物も不便。引きこもって病人が増える。町作りの設計が進まないので仮設から出られない。

RT: 早川由紀夫 ‏@HayakawaYukio
私は自分が正しいかどうか心配で心配でたまらない。昨年3月から5月は、自分が発狂したのではないかと本気で心配した。心配だから、考えを文字にして確認してる。つねに確認してる。そして記録してる。

RT: 放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
遅ればせながら、ブログ開設しました。今まで断片的な情報でしたが、時系列で見ていただけます。 http://strkoo.blogspot.jp/2012/08/blog-post_3640.html …

8月19日 70年代、学園闘争に負けた学生の行き場のない意識は「小さな」という言葉に向う。和製フォークの歌詞にのって、恋し就職し結婚し働き出世した。いま余裕が出来て草の根運動から反原発へ。その流れからはずれて、進むも戻るもあてのない根無し草の目には、小さな幸せを求めた大きな不幸とも見える。

小さな夢、小さな日記、小さな喫茶店、小さな花、小さな肩、そして、小さな家をたてたなら・・・16才の小坂明子が歌う「あなた」が学生の間に流行ったときに、言いようのない敗北感。世界革命の幻想も東大解体の夢も、小さな幸せの前にはかなく消えた。「人民」も「プロレタリアート」も吹っ飛んだ。

自分自身や自分の行為に「小さな」とつける。そこで見落とすものと、言い訳や逃げ道。小さいけれど「優しい思い」と「善い行い」。結果は見ないし考えもしない。40年前ふてくされ気味に言った「小さな親切大きなお世話」早川・柚木対談を見ていて思い出した。途切れない固定カメラが見せる女の表情。

子育て団塊ジュニアにとって、親ゆずりの小さな幸せを破壊する放射能の恐怖。想像する人と見たくない人に分かれる。怖れる若い親たちは、団塊世代がなんとなく反放射能より反原発指向に見えると言う。団塊世代は小さな幸せを積み上げて、豊かな老後にたどり着いた。放射能を考えるとその放棄を怖れる。

生まれ育った東京を離れ、ともに大学闘争を闘った人達とは、3倍5倍と広がって行く所得格差の中で低空飛行。ふるさとを捨てた人は多いだろう。石もて追われた人もいるだろう。今の世の中、どこにいても生きて行けるさとは言いにくいが、放射能に汚れた故郷福島で生きるための手伝いをするべきなのか。

高汚染地に住むのに、生半可な放射能との闘い方で済むのか。半端な支援は残留への圧力になる。やっと喰える程の働きの私には逃げておいでとも言えない。一人一人の選択をはらはらしながら見つめるしかないのか。自分に限って言うなら、たかが土地に縛られ小さな幸せ追うより、大きなへまもいいかなと。

8月20日 RT: hatupi ‏@hatupi
ありがたい支援も、なぜ?と言う支援も、皆、善意の基に頂いている。被災者は選べない。そのお気持ちありがたいから。今後何年もの支援を頂かねばならないから。来て頂く皆さん、もっと、地元を知ってほしい。知ってから本当に必要な事をしていただきたい。私たちはここに生きていかねばならないから。

RT: hatupi ‏@hatupi
お花を植えるにもお金はかかる。被災した所へ支援団体やボランティアさんがお花を植えることもいい。でも、最近もういいのじゃないかと思うようになった。そうではないのではないかな?私から見たら、とても贅沢に花壇が出来ている。もったいないな、と思ってしまう。市民農園だったら皆出てくるのに。

RT: r-dan佐久 ‏@jinenyajp
R-DAN佐久・放射能測定室=食品の放射性物質検査の検査時間・検出限界・検査料金 http://jinenyajp.blog.fc2.com/blog-entry-183.html …

by maystorm-j | 2012-11-12 06:09 | 社会
2012年 11月 02日
上を向く民草から自立した主権者へ  Twitter MaystormJournal 8月1日〜10日 まとめ
ツイッターの読み返しがたまってしまい、今回はちょうど3ヶ月前につぶやいたものです。

中心課題は、発言する事と報道してもらう事について。反原連主催の官邸前抗議行動が、マスコミに取り上げてもらうことを念願し、首相会見へと動いていく。既成の媒体に依存し、お上にお願いする意識は、都会だけではなく田舎でも共通します。スポンサーと巨大広告代理店、その背後の政府・財界・アメリカの影響下にあるマスメディアが本当に「正しい報道」をすると期待しているのでしょうか。

上ばかり向いて声を上げている反面、横との会話が少なく、それは近い考えの同士間でも突っ込んだ議論がなく、まして地域の一般の人との会話はありません。連帯を築こうとせず、孤立を怖がり、「祭り」の場でのみワンフレーズを唱え、日頃は口を閉ざしています。孤立した宗教集団になりかけているようです。

しょっちゅう顔を合わせて話が出きるわけではないので、ある市民運動でメーリングリストを提案しましたが、パソコンで発言できない人が多いのに驚きました。マスメディアの偏りを愚痴りながら、自分からネットの情報をとらず、自分の言葉で語る事も出来ないことに疑問を感じていない人が多いのです。「顔を見合わせて生の言葉で」と言うのが、言葉を発しない言い訳にしか聞こえません。驚く事に地方議員を務める人達でさえ、自分のウェブサイトに自分で書き込みができなかったり、サイトもツィッターもないというありさまです。

いつになったら「お上」対「民草」という構図から脱却して、自立した主権者として状況に責任を持ち、発言し関わっていくようになるのでしょうか?


Twitter MaystormJournal 8月1日〜10日 まとめ

8月1日 反原発反TPPを言いながらオリンピックを見る人がいる。ベルリンを引き合いに出すまでもなく、国威発揚の道具。IOCは民営を装うため賄賂・買収やり放題。68年メキシコで、黒人差別に抗議した米陸上金銅の2黒人はIOCから永久追放。表彰台で黒手袋のコブシを挙げ俯く二人を鮮明に憶えている。

ブログMaystorm Journal更新「大きな流れの内部で議論すること・・・地元の若い親達のサイトを通じて」http://maystormj.exblog.jp/16542858/  運動の中で、相違を議論する。必ずしも明快な結論が出なくても、お互いの理解が深まれば、運動を進めて行く上で必ずプラスになる。

8月2日  RT 放射能を考える佐久地区連絡会 ‏@STRKOO
原発の健康被害が大きく現れてくるのが5年後から10年後。国はそれまでに金をかけ(住民を逃がさずに)最大限努力しました、と形を作りたいのではないか?今はまだ健康被害が顕著に現れる時期ではない。現れているのは虫、小さな動物、植物だろう。詳細によく見る必要あり。変化が観測される所は危険

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@STRKOO 動植物の変異を調べる事は難しい。自然な状態でも環境や遺伝子の変異により起きて、変異の度合いは連続的。それを定量的に把握するのは困難。目につく変異を取り上げても、その発生率は解らないし原因も不明。巨大化や形態異常は目につくが、逆に弱くなり消えた個体や種は見えにくい。

8月3日 動植物の変異・異常は3.11以前から多く見ている。原因がなくても変異は起きるし、農薬や自然放射線が原因も多いだろう。自然・人為的環境変化により淘汰されて変異が目立つ事も。他の要因を排除した環境で実験調査が必要だが、人体実験は出来ない。因果関係が否定できない場合、行政は予防原則で。

8月4日 ブログMaystorm Journalでご案内http://maystormj.exblog.jp/16562478/  8月7日19:00~信州宮本塾「大阪で今、何が起きているのか」場所は佐久市望月 多津衛民芸館・・・宮本先生を囲んで、勉強会を開催します。四方の連山をのぞむ御牧原の台地上です。早め来てに夕日を。

反原発系活動の連絡会で。代表が毎日発信するツイートを読んでいるようすがない。周囲の人に運動を語ることより、行政にモノを言おうとする。参加者のコミュニケーションをとるためにメーリングリストを提案して愕然。PCを使っていない人が多い。マスコミの嘘、情報格差の時代に活動者がなぜなのだ?

3.11後、生き延びるためにも情報受信の重要性は周知が進む。地方で活動するならインターネット発信受信は不可欠。若い人が無関心と嘆く前に、若い人とコミュニケーション。若い人が時間もなく実名で顔を出しにくい田舎でこそネットで。30年前は電話、20年前FAX、10年前PCが活動に必須。

東京では「マスコミに報道してね」「首相に会わせてね」と願う反原連。地方でも、県庁や市長、地域では町内会長や地区長を変えなければと、上向きの運動。トップダウンの官僚型社会意識が、市民運動の姿勢にも浸透。住民一人一人の言葉を聞き語りかける、横向きの視線・運動こそ市民運動の基本だろう。

放射能に対する周囲の無関心や活動への冷淡さを嘆く声。一方で東京に20万人と数を誇り、国民の7割が原発反対だと数で正当性を主張する。そのあいだのギャップは何なのか?個として自立していない7割の多くは自分の名前で発言や行動出来ない。ネットのつながりとともに、街角や畑で一人と話すこと。

それにしても次々と野田政権はろくでもない事をする。あの頭にいろんな悪事がつまっているとも思えない。首相語録を読んでいると、どこかの広告社が次々詰め込んでいるようだ。同じように各省の官僚達が次々悪だくみをそそのかしているのだろう。ワンフレーズの大漁祭に現を抜かしている場合だろうか?

昨日ある集会で感じた事。長年活動してきた人ほど、行政のトップの意識や首を変えようとする。トップダウンで社会が変わると。50過ぎた役場の部長クラスが、年功序列のぬるま湯、鼻先にぶら下がる退職金・年金を捨てる覚悟で変われると思うのか?役場内ではお互いに牽制し合い、一人変わる事は困難。

地位も収入も高い行政の管理職を変えるのは奥さんや娘さん。奥さんは地域の空気の変化に敏感。嫁いだ娘が「放射能が心配だから孫を実家に連れて行けない」と言えば親父の意識も変わる。地域の問題は地域に入いれ。住民が変わらなければ行政は変わらない。日々自分が変わらなければ住民は変わらない。

8月5日 ブログMaystorm Journal更新「汚染焼却灰を受け入れる民間最終処分場・・・地域で生きる住民と行政 1」http://maystormj.exblog.jp/16569609/  続編「同 2」http://maystormj.exblog.jp/16569661/  字数制限を超えたため2部に。次回は地元の開発と金について考えたい。

地域で活動している人々の連絡会で愕然とした事。PC、インターネットを扱えない人がかなりいる。県会議員、市会議員のレベルですら使えていない。足を運んで直接人と接して会話・情報を得る事と、ネットを通じて多くの情報、発言に触れる事は車の両輪。片目片耳を閉じたまま活動しているのが不思議。

RT 勝川 俊雄 ‏@katukawa
品質がずば抜けていれば、ただ製品を並べるだけで良いだろうけど、そこまで差別化できるものは、ほとんど無いよ。「うちの魚は鮮度が抜群」とみんな言うけど、産地で鮮度が良いのは当たり前。それ以外に「売り」が無いと差別化にならない。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@katukawa「 差別化」という言葉、なんとかなりませんか? 接するたびにウッとなります。

今週から政治の舞台が激動する可能性。それをマスメディアは「国民の生活を無視した混乱」と報じるだろう。ワンフレーズ運動とオリンピックに目を奪われている間に、官僚達とその操り人形の野田内閣は猛烈に国民の生活と権利を破壊し始めている。自身の未来にかかわる政治から目をそらしてはならない

8月6日 官から民へ」のかけ声。民は人民ではなく民間企業、多くは米国の巨大資本だった。政治家は資本の操り人形。「官僚主導から政治主導」と言われ、政治家が勇んで官庁に入り、すっかり洗脳され官僚の操り人形。「維新」がもてはやされ権力奪取の夢。いま一度、自由民権運動に立ちかえらなければと思う。

8月7日 人の集まる所に行くと、主催者側の人々からは立派な立て前と正当性が語られる。一般参加者からは周囲の無理解や状況の怖さが愚痴られる。その乖離の原因を考える議論も、乖離を埋める方法を探る事もなく終る。活動家が一般の生の声を聞かず、一般が自分の言葉で発信しない。ネットの時代なのになぜ?

8月6日 RT 勝川 俊雄 ‏@katukawa
天然の生態系を人為的に撹乱する以上は、最低限の配慮が必要。

MaystormJournal 寺山光廣 ‏@MaystormJournal
@katukawa ドングリ運動なども同様。現場で野生動物保護管理に苦労しているところへ、「都会の善意」がいっときの充足感を求めて割り込む。

IWJ岩上さんの斎藤やすのり議員インタビューhttp://iwj.co.jp/wj/open/archives/25462 … 小泉元首相が提唱し、250万人の反対デモの末に欧州議会で否決されたACTA問題を深く論及。政党を問わず、一年生議員の中には徹底した行動と勉強する人が多数。小選挙区制の中でで生き残れるかなあ。

8月8日 昨日信州宮本塾で感じた事。橋下大阪市長といかに闘う?全体の整合性にこだわらず変幻自在でスピードが速い相手。反動的施策が忽然と現れ、運動に取組んだ頃、相手は既に次のステップへ。運動側の能力とスキルに限界。一般市民の言葉を聞き、自身の言葉を届ける道具と技術。自身がメディアを持つこと。

橋下氏をヒットラーになぞらえる発言。しかし彼の支持構造には強力な軍隊と外部の敵は不要。内部の敵をユダヤ人に固定化したナチスとは違う。支持者達は彼がその都度やり玉に挙げる敵をバッシングしつつ、新しい敵を求める連続ドラマ。自身が敵になる一縷の不安が依存を増長し、叩く側にいたいと漂流。

橋下氏のツイッターは80万人がフォロー。毎日数10通のツイートが届けられる。マスメディアでの強面とは逆に、具体的で丁寧な文章でフォロワーに呼びかける。彼はフォロワーの反応を見ているだろう。昨日の宮本塾では、それを読んだ事のある人はほとんどいなかった。敵を知らずしていかに闘うのか?

8月9日 地方の小さな市民運動の集まりで多くの人が「悪を弾劾し正義を述べ」「悪にすり寄るマスメディアに憤慨し将来を嘆き」「大衆の無関心や同調を批判し自身を正当と」。ならばなぜ今もマスメディアを購読?なぜ自分でメディアを使い情報と言葉を受取り発言しない?マスコミが怖いのは視聴率・購読数低下。

テレビ局にいくら抗議しても報道姿勢を変えないだろう。金を出しているのはスポンサー。彼らが怖れるのは視聴率の低下。購読者数減少。NHKに金を払うのはその報道姿勢を支える行為。「見ない読まない買わない」不買運動こそ消費者最大の武器。余った時間でオルタナティブ・メディアにアクセス。

テレビの怖さは映像による刷り込み。考える時間を与えないスピード。新聞なら途中で疑問点を調べられる。鶏やアヒルのヒナが卵から孵る時、最初に見る動くものを親と刷り込まれる。飼い主について歩き、太らせて食べるとは知らず餌を貰う。映像はカメラの位置と編集で自在に善悪の印象を変えられる。

8月10日 原子力規制委人事案に反対する声が大。確かにひどい顔ぶれだが、原発の存在を前提にして安全に規制をするもの。野党側が別人事案を出すという声も。たとえ小出さんが委員長になったとして、原発全基停止できるのか?法令・基準をクリアしていれば認めざるを得ない。小出さんに原発GOと言わせるのか?

規制すれば原発は安全なのか。人間の想定には限界がある。例え安全に稼働していても、飛行機やミサイルが飛び込むかもしれない。安全優秀な原発は効率よく原爆の材料を生産する。管理不能な放射能ゴミを生み出す。原発やめるなら規制委員会も不要、委員も不要。安全に稼働するためという土俵に乗るな。

規制委員会の背後には経産省などから大勢の官僚が送り込まれる。5人で何が出来る?強力なスタッフ陣を独自に選定できるのか。強制調査権があるのか。まして5人の内分けを賛否公平にしたら官僚の思うがまま。学者はそんなに強くない。冷静に先を読め、その先を想像しろ。政治方針は感情に流されるな。

by maystorm-j | 2012-11-02 08:13 | 社会