人気ブログランキング |
カテゴリ:遊び( 20 )

2016年 08月 08日
夏山を歩く・・・高峰高原車坂峠から浅間山湯の平と外輪山周回
d0164519_20361250.jpg
岩手から友人がやってきて、翌日は山歩きすることに。ついた日の午後、軽井沢案内、産直見学、そしてアウトレットで山靴とヤッケを購入。高齢初心者で、足許と防寒雨対策だけは命にかかわるので、少し奮発してもらう。靴は革でゴアテックス、ビブラム底。あきらかに実力以上の道具だが、道具の性能が力量を高めてくれることもある。ヤッケもゴアの赤。目立った方が良い。まとめて買ったので、たぶん正価の4割引以下だろう。これからの一生使える事を考えると、いい買いものだと思う。アウトレット街の良さは、4〜5軒の店を一度に見比べることが出来て、妥協しないですむ事だ。底の柔らかいトレッキング用はいくつかあったが、明日は岩場が多いので、一点で支えられる硬めのものにする。

d0164519_20460549.jpg
標高2000mの車坂峠を7時出発。靴がいいので、勝手に足が前に出ると言う。順調に黒斑山トーミの頭まで登る。さて、そこでコース選択に迷う。そのまま外輪山を行けるところまで行って戻るのが初心者向けだが、天気は最高で、夕立と雷はなさそう。靴の良さ、天気の良さ、何よりも腹回りに蓄積されたエネルギーを信頼して、長距離周回コースに挑む事にする。という決断で、いきなり草すべりを急下降。登りよりペースが落ちたので、ちょっと気がかりだったが、後で「高所恐怖症」と判明。縦走の前半は岩場と崖が多く、それは大きな誤算でした。

なんとなくへっぴり腰で下り切って、湯の平はずれの山小屋でおにぎり。だらだら登りで湯の平を突っ切る間は、快調な歩き。登りの方が調子いいのも、いい具合に進んでいる時には不思議に感じないものだ。手も使わないと体が確保できない岩場の登りになると、がくっとペースが落ちる。ジャングルジムで遊んだ事がないのかもしれない。ゆっくりだが何とか尾根に上がって、縦走開始。ゆるい上り下りでもペースが復活しないのは、どうやら左側につづく崖が怖いからのようだ。現在の浅間山より高かった黒斑山が、23,000年前に崩壊して、麓を25km先まで埋め尽くした時の、残った部分が外輪山の崖。確かに落ちれば命はないが、びくびくしていると却って危ない。

岩場が終ってもそろりそろりと歩いているのは、今度は脚の筋肉疲労のようだ。飴とチョコレートでごまかして、何とか下り切る。全行程8時間、まずます、初心者としては上出来だ。夏の週末で登山客が多く、へばってぶっ倒れていると格好がつかない状況だったのも幸い。靴選びが良く、靴擦れやマメが出来なかったのも、体力の限界まで歩けた一因だろう。初心者を連れて行く場合は、3人以上のグループが良さそうです。


by maystorm-j | 2016-08-08 21:38 | 遊び
2016年 07月 22日
上田 暁子 個展  酢重ギャラリー 7月20日〜8月8日
夕方から夜半の雨。昼間も霧雨で寒い夏です。梅雨前線もはっきりせず、梅雨が明けると言うより、梅雨が消えて周期的に不安定な天候がそのまま続くのかもしれません。現在、旧軽井沢ロータリーの酢重ギャラリーで開催中、小諸市在住の若い画家さんです。
d0164519_20271799.jpg


by maystorm-j | 2016-07-22 20:27 | 遊び
2016年 07月 01日
月1日〜18日 酢重ギャラリー「鈴木りんいち 本田あつみ」展

今日から始まる酢重ギャラリーの展示。笠間から焼き物の二人展です。作風は・・・? まずは見て、触って。一言で言うなら「自由」。器は暮しの使用に耐えるどころか、無理なく凌駕、出す力を感じさせます。さらに、価格も手ごろ。ぶらっと寄れば使って見たくなる事、うけあいです。


7月に入って、昨日は朝方ストーブを炊いた家もあるような気温。今日は一転、昼間の仕事場は31度。暖房用品はいろいろあっても、冷房はない軽井沢です。これから2ヶ月、どんな格好で仕事しようか迷います。半ズボンでは、あちこちのぶつけてキズだらけアザだらけの足に。仕上げにジュンと火傷でもしようものなら、いくら儲からない仕事とはいえ、皮膚が破けるよりは作業着に穴が開く方がましです。


d0164519_21111600.jpg



by maystorm-j | 2016-07-01 21:11 | 遊び
2016年 06月 16日
旧軽井沢 酢重ギャラリー恒例の「佐々木卓也展」 6/11−26
d0164519_04523773.jpg
この時期になると軽井沢のど真ん中に登場します、佐々木卓也さんの絵と立体。大胆な構図とシンプルな色づかいでグイグイと引きつける力があります。もちろん観覧は無料ですが、見れば身近におきたくなる魅力を感じる事でしょう。
(DMの写真はもう少し渋い色合いです。色相を調整しましたが、やはり本物の方が良さそうです)




by maystorm-j | 2016-06-16 05:00 | 遊び
2016年 05月 13日
軽井沢史友会日帰り旅行のご案内/5月19日(木)
来週、軽井沢史友会でお隣の安中市へ、新島襄の足跡をたどる小旅行を予定しています。会員以外にもまだ若干名の余裕がありますので、ご希望の方は至急ご連絡下さい。
d0164519_21253103.jpg



by maystorm-j | 2016-05-13 21:30 | 遊び
2016年 01月 04日
新春夢譚「挑戦、挑戦、挑戦・・・戦に挑む年でごじゃます」
d0164519_16112161.jpg「シン造親分! 飴屋のオバンが何かうるせえこと、言うとりますが」
「何だと? 先だってオバンには、アンミツご馳走したばかりでごじゃます」
「向こう岸のキン平組とイッチョやりてえんだったら、隣のオカンと仲良くせえ、ゆうとりますぜ」
「飴屋も金ないゆうから、たっぷり金貸してやっとるに、うるせえな」
「アッシらかて、借金だらけですがな」
「アタシら金足りなきゃ刷るのでごじゃます。シマの民草に借りたもんなんざ、踏み倒せばええ」
「で、隣のオカンには何と?」
「金でかた〜つけて、黙らしてこい。千両箱の十も積んだるけん、金輪際シノゴノ文句たれさせるんじゃ〜ねえぞ。悪さしたかて、金払えばええんじゃ。なんのかのと五月蝿え親分連合にゃあ上納金払わんぞ言うて、脅したったわい。そこら中の胡麻の蠅みてえな親分どもにゃあ金ばらまいたったけん、文句もでまいて。アタシ、後戻りしとうないよっての〜。もう子や孫にまで謝らせるこた〜させん。」
「えっ!親分、どこぞにお子様が?」


さて、一見するとのどかなニホンザルの母子。父子関係は明確ではなく、オスザルが子育てに参加することはないようです。母ザルがいない時に、コザルの行動を監視・規制することは見られますが、世話をしていると言うよりは、威張りたがりの延長のような気もします。一般に乱婚と言われますが、なかには何日も群れから離れて「恋の逃避行」をするカップルもいます。

軽井沢の群れは20年ほど前に、東の群馬県側からやってきました。当時、ニホンザルの空白域でしたので、争うことなく侵入してきたのですが、群馬県側ではいくつかの群れが接していましたので、縄張り争いの結果、押し出されて来たのかもしれません。群れと群れの争いはありますが、殺し合うほど激しいものではないようです。チンパンジーの群れに見られるような、意図して「戦に挑む」という印象はありません。



by maystorm-j | 2016-01-04 09:38 | 遊び
2015年 09月 12日
いただいた岩手の焼酎3種を飲み較べる  Rice-Shochu from Iwate Pref.
d0164519_7205868.jpg


陸前高田市で産直はななすを営む方からいただいた焼酎3種。隣町の一関市千厩(せんまや)の蔵で造られています。産直に出荷しているリンゴ農家の方が蔵人だそうです。今頃はリンゴの収穫期を迎えて、忙しいことと思います。津波の大きな被害に対して、私は何の役にも立っていないので、心苦しいばかりです。前述の産直では、これからリンゴの紹介も増えるでしょう。信州でもそうですが、リンゴ農家の心配は雹と台風ですね。今回のダブル台風、たぶんリンゴは無事でしたが、思わぬところで被害がでました。

焼酎歴は、大学に入った年に山の先輩で、薩摩焼酎の蔵元の息子さんの手ほどき、と言っても若造の無茶飲みですから、美味しくあじわうなんてものではありません。当時の芋焼酎は臭いが強く、鼻の粘膜に3日残るほどでした。今の焼酎の優雅なこと。買うのは焼酎が多いのですが、日本酒、洋酒、変な酒、何でもこだわりなく楽しんでいます。50歳を超える頃、すでに人が一生のあいだ平均的に飲む量に達していると自覚し、後は余生。ささやかに穏やかに飲んでいます。もちろん気絶することもなく徘徊することもありません。この風貌で山里を徘徊すれば、クマと間違われて・・・。そういえば、仕事場周辺を夜ごとに徘徊していたクマは、先日車にぶつかって・・・捨てられて発酵した果物が好きなクマは酔っぱらってふらふらと車に、でしょうか?

日持ちする焼酎ですので、今回は三つとも開けて飲み較べ。「通」でもなく、そのうえ旬の甘・辛・どちらか判別不能のいろいろなナンバン類を焼いて食べていたので、舌は半分麻痺状態。怪しげな感想です。左の「玉の春」は不思議な強さをもっています。隠れ里でひっそりと伝わっていそうな?。割って温めると普通の米焼酎ですが、そのままでオンザロックが良かった。香りの立ち上がりから、はっきりもの言うタイプでしょうか。真ん中「亀の尾」は、球磨焼酎に馴染んできた私には、飲みなれた感じ。とりあえず間違いない酒です。右端は、軽いイメージのボトルと違って、意外に硬派。常温ストレートが一番いい感じ。ロックも好きですが、割ると平板になってしまいます。「よっこらしょ」という命名をどう受取るか、人によって飲み方の好みも分かれそうです。

焼酎は南九州と沖縄、東北は日本酒と決めていた固定観念を改めた方が良さそうです。各地にある受けを狙う、ちょっと奇をてらったものではなく、本場以外でもどっしりと腰を据えた物造りがあります。出来立てのかんつけと並べてみました。来週の展示会に出品しますので、残念ながらこれで試飲するわけにはいきませんでした。

by maystorm-j | 2015-09-12 07:30 | 遊び
2015年 09月 03日
マタタビの実る頃。沓掛時次郎を思い出す。
d0164519_07581040.jpg

昨日は朝のうちに雨が上がり、久しぶりの青空。今朝はまた雨。天気図を見ると、秋雨前線と低気圧で、一日中雨になりそうです。一時ほどの強い冷え込みではありませんが、気温は15度。(追記/早朝の予想がはずれて9時には青空に)ちょっと元気が出そうな植物を紹介します。

花の時期をのがしてしまいましたが、近所の斜面では遠目にも目立つマタタビの白い葉。一枚の葉が途中から白くなることもあります。2週間ほど前、下から見上げると、まだ硬くいくぶん白い実が下がっていました。熟すといくらか黄色くなります。道沿いの違うマタタビの下には、ごつごつした実が落ちていました。こちらは虫こぶで、民間薬と言われていますが試したことはありません。よく熟した実は柔らかく、そのまま食べられますがちょっと塩辛い。まだいくらか硬いうちに塩漬けにしたり焼酎漬けにします。この時期、農協の直売所で売っていることがありますので、ファンがいるのでしょう。特に美味しいわけではなく、道端の実を食べると元気が出て、また旅が出来ると言われていますが、名前はもともとアイヌ語から来たようです。

同じ仲間に、サルナシがあります。こちらは甘い実をコクワと呼び、毛はありませんが完熟のキーウィーを小さくした感じ。キーウィーも同じ仲間で、栽培ものをスーパーで見かけることもあります。野生のものも以前は良くとりました。道端の斜面に多いマタタビに較べると、比較的高い木にツルが巻いていますので、手が届かず、落ちているものを拾うことが多くなります。難をつけようがないない美味しいサルナシに較べると、辛いマタタビはよく言えば個性的。かなりひねくれ者だが強い。股旅物の主人公のような?

今の子どもには「股旅物」と言っても「何それ?」と言われそうですが、以前はテレビでも「木枯らし紋次郎」というシリーズがありました。ちょっと格好良すぎて、ほとんど見ていません。軽井沢には国鉄時代、3つの駅があって真ん中の駅、今は中軽井沢と呼ばれていますが戦後しばらくまで「沓掛」と呼ばれていました。中山道沓掛宿の名残りです。昔から観光地だった旧軽井沢に較べると、沓掛駅前にはそば屋が1軒と土産物屋が2軒。「時次郎饅頭」が唯一の土産物。ここまで書いて「沓掛時次郎」の話を思い出す方は、かなりのご年配でしょう。子どもの頃の記憶ではかなりしょぼい印象のお話しですが、描かれる渡世人の世界はショボイぐらいがいいのかもしれません。YouTubeを覗いたら、ずいぶんカッコいい映像が出てきました。

by maystorm-j | 2015-09-03 07:55 | 遊び
2015年 08月 30日
旧軽井沢 酢重ギャラリー 「山中 現 作品展」 "YAMANAKA GEN " Exhibition in Suju-Gallery, Karuizawa .
酢重ギャラリーが取り上げる絵画には、「遊び」を楽しむものが多い。年輩の作家も若い人も、気取らず、力まず、どこか飄々としている。作品そのままの生き方をしている人もいれば、日常と作品は異なる人もいるでしょう。工芸家の場合は、「作家の生き様」が作品に凝縮されていると思うお客様が多いような気がしますが、それでは作家自ら「ドツボにはまりに行く」ようなものだと、私は思う。作家という特別な生き方、暮らし方があるわけでもなく、お客様が様々なように作家も様々。ギャラリーで、出来れば身近において、表出された幻を楽しんで、遊んでいただければと感じます。

d0164519_05010492.jpg


by maystorm-j | 2015-08-30 05:21 | 遊び
2015年 08月 04日
風に吹かれて ボブ・ディラン Blowing in the wind - Bob Dylan
若い世代が国会周辺や集会やネットで、それぞれ自分の言葉で疑問や思いを語っているのを見て、なんとなくこの歌を思い出しました。なぜだろうか? いつまで? どれだけの? 齢とっても、今もまだ答えを探しているんですよね。

YouTube 動画から






by maystorm-j | 2015-08-04 16:07 | 遊び