2016年 08月 31日
アベノミクスに人はなぜ騙されるのか/経済の土俵で闘う事が必要 その8
前々回の記事で、働かない働き蟻の話をしました。ナマケモノの存在を認めるという事ですが、社会にはナマケモノではないが働けない人が大勢います。医療の発展と人口構成の高齢化にともなって、ますますそれは増えていくでしょう。ダーウィニズムから派生した優生学が復活する社会的背景は強まっていくことになります。現実の社会で「働かない人」が増えて行くなら、労働と言う物差しで人を分類する事から離れてみたら、世の中はどのように見えるでしょうか。d0164519_08402893.jpg

動物はどうあがいても、植物のように体内で太陽エネルギーを使って無機物を直接栄養に変換することができません。外から取り込んで消費する事で命を維持する生き物です。もちろん人間とて、いや人間こそがその最上段にいる生き物だとしたら、「消費する」事を人間の普遍的な本質に据えて考え直してみたら、いかがでしょうか。消費することで人間の命が維持されて、現在の繁栄を築いたのであるなら、等しく人間に命を維持するための「消費の権利」を与えたらいかがでしょう。農業革命や産業革命という生産の高度化で社会が発展してきたという考え方に疑問符をつけてみたいと思います。

複数の母系で構成され、年老いたメスザルから何代もの母〜娘が共存するニホンザルの社会を見ていると、ボスザル優位社会や父親優位家族とは異なる社会が見えてきます。ニホンザルの群れは100頭前後まで維持が可能で、それ以上になると母系集団単位で分裂するか、少数のメスを核に10頭前後が分離していくようです。サルの仲間では最も高緯度地方に住んで、厳しい自然環境に適応した社会構造を作っているのかなという気がしますが、一つの生物を例として、ご都合主義的に取り上げるのは危険かもしれません。

採集狩猟社会で人々が栄養を獲得するために使う時間は、農業社会に較べると少ないと言われています。農業を導入したことで、人間はよりたくさん働かなければならなくなったということになります。世界各地の文明で農業は5,000年ぐらい前に発達したと言われています。農業、特に穀物生産によって出来た富の蓄積が、貧富の差を生み、権力構造を作り出したと言われています。本当にそうでしょうか。5,000年前といえば日本列島は縄文文化の社会です。4万年前に始まった日本列島の人間社会は、当初から舟を利用し、かなり広域の交易が行われて来ました。けっして小さな地域内での採集狩猟だけで生きてきたのではありません。5,000年前に揚子江周辺で水田稲作が発達すれば、それは日本列島にも伝わったと考えられます。縄文中期にはクリや雑穀栽培が行われ、農業は部分的に取り入れられていました。

では、なぜ生産性の高い水田稲作が、大量の人口と権力社会の流入が見られた弥生時代まで普及しなかったのでしょうか。大量の労働を必要とする農業を縄文人が嫌ったと考えられないでしょうか。社会の中の働かない人にも栄養を分配するには、採集狩猟生産の方が向いていたと考えられませんか。蓄積しにくい採集狩猟生産は、消費が主導するシステムと考えられます。農業が蓄積を産み、蓄積が権力を生み出したと考えるより、社会の拡大と構造の複雑化、権力の発生が農業をなかば強制したのではないでしょうか。権力を維持し、外部の権力と競争するために農業が必要とされた。今も多くの人が縄文文化に憧れたり郷愁を感じたりするのは、縄文社会が持っていた豊かな精神性、その底流に命の維持をめざした消費に導かれた労働が持つ余裕を感じているように思います。   (つづく)

[PR]

by maystorm-j | 2016-08-31 08:49 | 社会 | Comments(0)


<< アベノミクスに人はなぜ騙される...      アベノミクスに人はなぜ騙される... >>