2015年 12月 05日
中東における一神教の発生について考える その1
前の記事に年表と4つの一神教比較を載せました。軽井沢史友会では準備不足、理解不足、発表時間不足であまりにもお粗末なお話になりましたので、ゆっくり文章化してまとめたいと思います。d0164519_05241046.jpg

一神教と言えば通常、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つを指します。ゾロアスター教を最初に取り上げた理由は、自然崇拝や先祖崇拝などの多神教的世界観と善悪二元論に基づく一神教的世界観の関わりを考えてみたいという所にあります。

一神教は砂漠気候など苛酷な自然と対峙する人間の世界観、多神教は多様性豊かな自然に育まれる人々の世界観というような分け方がよくなされます。人の気持ちや考え方が自然環境に影響されることは明らかですが、はたして宗教心と自然がストレートに対応するものかと言うと、同じ環境の中においても、時代によって宗教の構造が変化していくことが見られます。私たちが一番身近に知る日本の神道でも、その起源であろう縄文時代のアニミズム、周辺の民族が到来して伝えた稲作文化、地方豪族権力が王権に集約される過程、封建国家から中央集権官僚制の成立と東北日本の統合過程などなど、様々な社会的変動を通じて、神道信仰の内容は変化してきたと思われます。

さらに、自然環境も不変ではなく、気候変動もあれば人為による変化もあります。今は砂漠や荒野、はげ山になっている所も、数千年前には森林や緑野だったこともあります。羊の過放牧で砂漠化したり、燃料需要で森林が過伐採されて岩山になった所など、いたる所で見られます。

ゾロアスター教について、かなり古い時代に出来上がった一神教であるということ以外に、事前に知識があったわけではありません。昔々、高校で「拝火教」と教わり、石造りの神殿で、人々が燃えさかる火を拝んでいるという印象だけが残っていました。古代、インドからイランにかけてのアーリア人達がもっていた自然崇拝から変化した信仰と言われています。起源は多神教であり、火の他にも水や空気、土なども神聖視する所などはヘレニズム的でもあるようです。自然を崇拝する気持ちの中で、豊穣の恵みをもたらす太陽・光・火を一番重要に感じるのは、とうぜんの心性と思われます。

太陽=光を象徴するものとして火を拝みます。太陽神信仰は世界で広く見られ、天照大神もその一つでしょう。その反対に闇は嫌われ、善悪二元論的世界観にいたります。神々の中で最高の「善」である太陽神の側にいたい、太陽神に保護されたいという心性は自然にわき起こるでしょうが、社会が発達して大きな権力が生じると、最高神を権力の守護神とします。王権は神から授けられたという神話が生まれます。

紀元前1,000年以前にアフガニスタン北部で、ゾロアスター(ザラスシュトラ、ツァラストラ)によってその宗教構造が作られたと言われています。ペルシャに王朝が成立し、紀元前6世紀にはアケメネス朝時代には王国の中枢で信仰されます。さらに、紀元前3世紀、アルサケス朝では、国教化し最高神アフラ・マズダーによる王権神授神話が確立したようです。
d0164519_07413582.jpg
ゾロアスター教の歴史観、世界の創造から終末にいたる過程は、「創造」「混合」「分離」の3期に分かれます。完璧な世界であった「創造の時代」から、現世は善神と悪神と闘争を経て、最後は善が勝ちます。人は現世での「三徳」(善思、善語、善行)によって死後に裁かれ、天国か地獄に送られるとされ、この考え方は明らかにその後の中東の一神教に引き継がれていきます。

では、なぜゾロアスター教が世界宗教にならず、現在インドなどに10万人程度の信者がいる小さな宗教になったのでしょうか。一つの理由として、国教化=王権神授論がもつ限定性があるでしょう。王国が拡大すれば信仰も広がりますが、衰退すれば周囲から異教として迫害されます。王権と密着する宗教の限界です。信者の間に、迫害に耐えることを良しとする心性を作らないと、神の正当性が疑われます。性善説をとる善悪二元論の弱みと言えそうです。迫害の歴史を神話に組み込む必要があります。紀元前6世紀ごろ、バビロニア捕囚の時期、ゾロアスター教に接したと思われる古代ヘブル人たちは、巧みに一神教の善悪二元論と創造・審判・終末論を取り入れながら、自然信仰より祖先信仰の色彩を強めて、迫害の歴史を組み入れたヘブライ語聖書(旧約聖書)の神話を紡ぎだしたと考えています。



[PR]

by maystorm-j | 2015-12-05 08:28 | 社会 | Comments(0)


<< この夏の安保法制反対運動を、「...      2015.11.19.軽井沢史... >>