2015年 09月 25日
10月2日 信州沖縄塾「DVD学習会」と総会へのお誘い
個展で身動きができない間に、安保法制は国会で成立してしまいました。信州宮本塾での「有志声明」や地元軽井沢での何度かの集会とデモなど、いくつかの運動には参加しましたが、とても充分な活動ができたというものではありません。個人的に何が出来たのか、参加している市民運動ではどうだったのか、全国で展開した運動は何が出来てどこが不十分だったのか? 多層的、多角的に検証して、次の戦略と方針を考えなければなりません。しかし、聞こえてくる声は相変わらず「安倍が悪い」「安保法制は間違い」「アメリカに従属するな」というばかりです。それは最初から解っていたことで、だから反対運動を展開して、その結果として敗北したのです。日本人はどうして自分自身と自分サイドの運動を具体的に検証しないのでしょう?

沖縄・辺野古の闘いは長く続いています。現地の皆さん、沖縄県民、本土の支援者、みんなそれぞれに自己検証を繰り返しながら、ここまで続いて来たと思います。もちろん検証の中身はそれぞれ違うでしょうが、多様な立場とつながりが拡大してきたと言えそうです。

信州沖縄塾の総会が10月2日、下記のとおり開催されます。参加したい方、ちょっと覗いてみたい方、どうぞお出かけ下さい。
d0164519_22043431.jpg



[PR]

by maystorm-j | 2015-09-25 22:09 | 社会 | Comments(0)


<< 「海ゆかば」と「山路こえて」か...      殺すつもりではなかったヤママユ... >>