人気ブログランキング |
2015年 02月 26日
「アレクサンダー・クロフト・ショウと福沢諭吉の関係から見る19世紀後半の日本」 その3
ショウが来日した頃の福沢諭吉について書く予定でしたが、その前に、明治維新前後の日本と朝鮮・中国の様子を見ておいた方が理解しやすいと思われます。

明治維新と言えば薩長連合と言われるほど薩摩と長州の力が強いのですが、どちらも維新の5年ほど前に攘夷の戦争を経験しています。薩英戦争はほぼ薩摩の勝利、長州は外国連合艦隊に敗北します。「攘夷」と言えばこのような西洋列強に対する排斥運動と、私たちは学校で教わってきました。しかし、維新の志士達の「尊皇攘夷」思想には、当初から「征韓論」が内包されています。その源流は、長州で強い影響力があった吉田松陰を見なければなりません。

1840年のアヘン戦争の結果を知っていた志士達は、西洋列強に対抗する挙国一致体制の必要を感じていました。松蔭の説く「琉球の日本領化、朝鮮の属国化、満州・台湾・フィリピンの領有」というアジア進出思想に影響され、列強と並ぶ侵略によって国力増大を考えます。維新後の新政府対外方針は、既に1859年松蔭が死ぬ頃には大きな骨格が出来上がっていたといえるでしょう。その外交思想を代表するのが「征韓論」であって、「攘夷」とは単に西洋人を殺せと言うような呼びかけではなく、むしろ「中華と夷狄の関係」を考えた方がわかりやすいかもしれません。

今はどうなのか知りませんが、私が子供の頃、「西郷隆盛は征韓論に破れて下野しました」と教わり、どちらかと言うと西郷が征韓論を主張していたと理解していました。征韓論「で」破れたのか、征韓論「側」に破れたのか曖昧だったように思います。内容や道筋を考えない「歴史暗記」教育の害ですね。実際は、明治初期の指導者達の多くは征韓論では一致していて、戦略の違いか、あるいはほとんど主導権争いの末の政変と見る方が近いでしょう。ちなみにM6/1873年国立銀行発行十円紙幣の裏は、神宮皇后馬上で指揮するの征韓図で、その後も最初の紙幣肖像に神功皇后が使われています。このことからも判る通り、明治はその出発点から強く大陸進出を国是としていました。

安政の不平等条約に対し、新政府はすぐに条約改正を働きかけるために欧米各国に使節団を送りますが、国力の差を見せつけられ、朝鮮や台湾を属領化することで国力をつけ、西洋列強と対等に力を持とうとします。岩倉使節団帰国がM7/1873年、直後のM7/1874年には台湾出兵、M8/1875年に江華島事件を起こします。江華島事件はペリーが日本に対して行った砲艦外交を、さらに荒っぽく、実際に攻撃、破壊、占拠を含む軍事行動で、その後結ばせた日朝修好条規は、日本が強要された不平等条約をさらに強化したものでした。








by maystorm-j | 2015-02-26 08:27 | 社会


<< 5月2日 信州宮本塾講演会のお知らせ      「アレクサンダー・クロフト・... >>