2014年 06月 05日
真っ赤に燃える太陽だから〜〜?
d0164519_542594.jpg子育てが終ってから何十年も経ちます。最近の子どもはどんな太陽を描いているのか知りませんが、いまも太陽は赤々と燃えていると教わっているのでしょうか。落日以外の太陽が赤く見えたことはありませんが、半世紀前のひどい大気汚染が日本の都会を被っていた頃、赤い太陽を見たかもしれません。「白地に赤く・・」と歌わされても、日本の旗を見て、あれが太陽だという風に感じたことはありませんが、シンボル/象徴とはそんなものだと言われるかもしれません。高校生だった時から数えると、3回のオリンピックが国内で開かれていますし、地元長野・軽井沢でもあったようですが、一度も見に行ったことがなく、もちろん会場や沿道で白地に赤い「日の丸」を振ったこともありません。そのうち、祝日の度に外に「掲揚」しなければ非国民と言われる時代が再来したなら、どうしましょうか。

丸というと、正確には円や球をさすのでしょう。一本の長い縄でできるだけ多くの人を括ろうとするなら、その形は円になります。ゴム風船にできるだけ多くの空気を詰め込もうとするなら、形は球になります。引っ括られ、囲い込まれた状態が丸です。マルバツ=OXを思い浮かべるかもしれません。小学校のテストや宿題に、赤い鉛筆で丸をもらうことが、いつの間にか2重丸、3重丸、5重丸、果ては花丸なんていうようにエスカレートしていきます。子供の頃、いいように操られていたそのままに、大人になってもハナマルをもらいたがる人がいます。テストや宿題からとっくに解放されているのに、もう「先生」に丸をつけてもらえないと落ち着かず、自分を誉めてみたり、ご褒美をあげてみたり。講演会の度に、質疑の時間になると、自分がこんないいことをしていますと長々語って、講演者のお褒めをねだる人がいます。優しい聴衆は賛同しうなづいています。

「私たちはいま、静かに怒りを燃やす東北の鬼です・・・・私たちとつながってください」。原発事故から半年後の東京で、6万人の参加者の前で語られた言葉です。ネットの動画でも見られるでしょうし、森住卓さんの写真とともに出版された「福島から あなたへ」(武藤類子著)もあります。感動の涙がどれほどか流されたことでしょう。感動の涙、共感の渦・・・オリンピックで振られる日の丸とどこが違うのでしょうか。「鬼とつながってください」と求められています。ハナマルをやりとりするのではありません。自らが「静かに怒りを燃やす鬼」にならない限り、東北の鬼とつながらない。私は、あなたは、ちゃんと鬼になっていますか?

なかなか最後まで読み切るのに苦労している本ですが、『カラスと髑髏 /世界史の「闇」のとびらを開く』 吉田司著。日の丸の発祥について、古来山の民が狩猟の儀式を執り行うとき、イノシシの心臓で白い紙に描いた血染めの赤い丸、あるいは、イノシシの首を白い紙の上において描かれた赤い血の丸だという記述があります。真偽のほどは判りませんが、燦々と輝く元気な太陽が赤く見えることはないので、「血の丸」かもしれないという気になります。ヤマトによる東北征服以来の日本の歴史を振り返ると、「血の丸」こそがその象徴としてふさわしく思えて来ます。
[PR]

by maystorm-j | 2014-06-05 07:01 | 暮らし | Comments(0)


<< ホントカシラ? ホンキカシラ?      マスメディアが本当のことを伝え... >>