2014年 05月 28日
町おこしのイベントにはじき飛ばされる
d0164519_5364352.jpg


25日(日)、朝起きたらメールが入っていました。金曜日から黒部市宇奈月温泉で開催中のグループ展主催者からで、前日の土曜日は来客が多く、作品の説明も出来ず、昼食もとる余裕がなかったという。急遽会場に出かける事にして、着替え、簡単に食べられる昼食を数人分用意し、6時前に出発。天気も良さそうなので、上越市まわりの高速ではなく、長野市から白馬に出て姫川沿いを糸魚川まで下るコースにしました。30分余計にかかりそうでしたが、高速料金の大幅な値上げが不快なこともあって、安上がりな道に。久しぶりに白馬連山の眺めも期待して出かけました。

日曜日で通勤車もなく、順調に長野市を抜けて、ちょっとぼんやりモヤっている山々を眺め、3時間で宇奈月温泉に到着。会場のオープン時刻まで間があったので、宇奈月温泉駅のトロッコ電車、黒部峡谷鉄道を見てきました。遊園地の電車をちょっと大きくしたようなかわいい車両が出発していきます。地図で見ると、途中には猫又といういたく興味をそそられる駅名があったりで、乗ってみたい気持ちはやまやまでしたが、会場の烏帽子山荘に向いました。烏帽子山荘は豪壮な日本建築で、レストラン、カフェ、宿泊、ギャラリーの他、邸内には蔵や茶室がならぶ本格的な造りです。圧倒されるような門構えですが、小粋な道祖神に気分が和みます。

d0164519_5542337.jpg日曜日なので、午前中は客足が遅いのだろうと思っていましたが、昼頃になっても来客はぱらぱら。主催者はなぜだろうかと思案顔。もう一人の作家さんとぼんやり考えながら、何かイベントと重なっているのではと尋ねてみました。それで判明したのが、マラソン大会。道路が交通規制で市内では車で出かけないように通知が行き渡っているということでした。黒部市についたのが8時半頃でしたので、そんな様子はまだありませんでした。

近年、あちらこちらの自治体で、マラソン大会が大流行りです。銀座の展示会に納品の折りに、皇居の横を通って、走っている人の多いのを見ました。各地のマラソン大会では、主催する行政、お接待する地元ボランティアと参加者の一体感が語られます。美しい自然の中、交通規制された走り易い車道で、沿道には飲食と応援。さぞ楽しいに違いありません。時間に追われ、夜の町営トレーニング施設で機械相手に寂しく運動している私には、うらやましいかぎりです。

走っている人は町おこしなどと考えてはいないでしょうが、行政が公金と職員を動員する以上は、何らかの言い訳が必要です。「地域の活性化」、これはイベントのほとんどで語られます。健康増進、知名度アップ、観光集客、地元物産販売、・・・中学生でも書けそうなお題目が並びます。終れば、参加者数やボランティア数、沿道の応援者数・・・経済効果OOO円など、いいこと尽くめの報告が出ます。いかにもコストパーフォーマンスが良いように数字が並びます。ホントでしょうか。

役所の職員はボランティアで参加しているわけではなく、本来の住民サービス業務に代わってイベント業務に就いているのでしょう。動員されるボランティアも、その日の予定を換えて参加しています。お接待に使われるお金は、本来もっと必要なところがあったはずです。生活保護費や教育費補助が削られ、住民サービスが低下する一方で税金が上がる。年に一回、道路を封鎖して車道を走るより、日頃から走り易い道路の整備、車いすでもベビーカーでも通れる歩道、自転車が走り易い道、そんな道路を作っていくのが行政の仕事ではないでしょうか。
d0164519_7264549.jpg
行政がイベントを開催するときは、メリットの計算ばかりが発表されて、デメリットは無視されます。
私の展示会場に人が来なかったなんてことは、デメリットの中では末端の小さな出来事ですが、地元では大きな声で語られるお題目の陰で、黙って耐えていることも多いのではないでしょうか。
[PR]

by maystorm-j | 2014-05-28 07:29 | 暮らし | Comments(0)


<< ミヤマシロチョウのメスだろうか?      信州沖縄塾「具志堅勝也講演会 ... >>