2011年 03月 31日
いま、節電なのか?  3月31日 2011年
群馬・長野県境の町に住んでいると、群馬側にいる人たちと話す機会があります。県境の向こう側で、計画停電によってさまざまな支障が生じていても、長野県側ではとりあえず何かできるわけではありません。通行量の多い県境に携帯電話の無料充電所でも作って、という話がでましたが、いちいち停まって時間のかかる充電をする人がいるとは思えません。県境で周波数の異なる交流電気は、相互に融通する事ができないのです。60サイクルの西日本側から50サイクル地域に、周波数を変換して送れる電力は、100万キロワット余と限られています。東電の不足量の10分の1とかのレベルです。

それでも、周囲には節電を呼びかける人たちもいます。今回の災害とは関係ありませんが、無駄遣いを減らすことは家計の助けにはなります。いま、節電を呼びかけるなら、予想される東海地震によって、福島原発と同じような事が起きる可能性が高い浜岡原発を止めるための節電、という目的をはっきりした方がいいと思います。目的のはっきりしない節電は、経済活動を萎縮させかねません。停電で生産計画に支障をきたしている関東圏の会社では、西にある工場の生産を高めることもあるでしょう。経済活動を阻害するような節電は、毎月3000円の節約の代償として、30000円の収入減ということになりかねません。暖房を下げすぎたために、病気が増えることのないように気をつけましょう。

節電が必要とされるのは、電力需要がピークになる時間帯です。その時間帯、東電に電力を融通できなくなると困りますので、その点は注意しておく必要があるでしょう。それは、東電の地域ではもっとはっきりしています。電力の総需要の時間的変動に関係なく、一日中節電することには意味がありません。需要のピークを作らないような生活や産業活動の仕方を工夫することで、需要の山をならしていくのが、供給不足による全面停電を防ぐことになります。

たとえば、冷蔵庫の設定温度を上げろとしきりに宣伝されていますが、むしろ電力需要の少ない時間帯に強く冷やしておいて、需要の多い時間帯には止めてしまうのがいいのかもしれません。出勤日や時間をずらしたり、電気を多く使う仕事や家事は早朝に持っていく、みんなが一斉に冷暖房の効いた部屋でテレビを見るような番組の組み方を変える、例えば夏の甲子園大会は生中継をやめて、時間をずらして録画放送するというのもあるでしょう。電車が間引き運転と、いつ止まるかわからない状況で、都会の夜は閑散としていると聞きます。いろいろな産業にブレーキがかかってしまいます。電車というのは、働きのわりにとても省エネに出来ているそうです。絶えず流される節電の呼びかけが一種の魔女狩りのようになって、暗い統制社会になっていくのでは、復興どころではありません。

非常時になると国民性でしょうか、「国民一丸となって」とか「挙国一致」という言葉が飛び交っています。「噂」を封じる動きもあります。多様な意見が飛び交い、多様な暮らし方が選べることが、平時であれ非常時であれ、だいじな事だと思っています。これまで、ほとんど活動していませんでしたが、原発には反対の意識できました。考え方も暮らし方も私とは違う立場からですが、福島原発の現状と今後について明確な発言をしている大前研一さんのYouTube動画「福島第一原発 現状と今後とるべき対応策」を紹介します。

追記
電車を走らせるのは、思っているよりはるかに少ない電力消費ですが、駅の電灯、自動改札機、切符の販売機などが相当に電気を食い続けているそうです。人減らしと電気依存はセットですね。
[PR]

by maystorm-j | 2011-03-31 06:16 | 社会 | Comments(0)


<< 障害と震災 NHK ラジオ番組...      食品の放射能汚染基準 緩和は農... >>